« 吉行淳之介 | トップページ | 台風18号 »

2009年9月30日 (水)

哲学の道

誘われるまま一泊二日の日程で京都へ。同行8人。
私は嘗て、年に20回・10数年も大阪往復をした時もあったが、ある事情があって京都へ寄る気にはなれなかった。
しかし数年前に京都でS誌の大会があった時に参加したのを機に解禁した筈だったが、やはり引っ掛かりがあって、進んで行く気にはなれなかった。しかし何時までもそんな気ではいけないと今度こそ解禁した。

今回は比較的ゆったりとしたスケジュールで、1日目は大徳寺・真珠庵・祗園を散策してそこで夕食。2日目は法然院・哲学の道を通って永観堂・南禅寺・八千代で昼食をとり、疎水とインクラインの軌道敷跡に昔の記憶を辿り、それから維新の元勲山県有朋の別荘であった無鄰菴へ。
Img_8262_2
京都東山の通称「哲学の道」とよばれる小路を歩く。

『2km足らずの短い散歩道で、街道となづけるほどの道幅もない。そもそも江戸時代にはなかった道で、明治時代の半ば、琵琶湖疏水の建設にともなってうまれた小径である。

この道を哲学者西田幾多郎や経済学者河上肇などが歩いて思索にふけったことから「哲学の道」とよばれるようになった。ドイツ最古の名門大学都市ハイデルベルク
を流れるネッカー川の向こう岸にゲーテやニーチェも散策したという元祖「哲学の道」があって、ドイツ哲学にあこがれた京大生たちが名付けたともいわれている(ネットから引用)』。

この道は、かつて京大に学んでいた弟と一緒に歩いたこともある道でいずれにしても、懐かしくも切ない道である。哲学の道自体は若王子神社から銀閣寺参道に架かる銀閣寺橋までの1.8kmの疎水べりの散策路である。

名前の由来にある西田幾多郎は京大の教授になる前の段階から良く思索に耽って散策することがあって、それは幾多郎の日記「寸心日記」にもよく記述されている。
Photo

この書は昭和23年(1948)頃に、当時の弘文堂からアテネ文庫として出版された一連の文庫本の中の一冊で、今は求める術もない本となっている。

幾多郎が旧制第4高校の教授だった頃の日記が主体であるので、この哲学の道を散策した記録は、本書以外から調べて見なければ判らないが、「寸心日記」からの印象では京都へ出てきてからも思索の散策をしたことはうなづける。

この道は琵琶湖疎水の水路沿いにあって、花のシーズンともなると大勢の花見客が押し寄せると言う。私たちが歩いている時には殆ど人の姿が見当たらなく文字通り哲学の道に相応しい雰囲気を漂わせていた。

この道を歩いていたら思いがけなく、外国人の母子が散策していた。聞いて見たらポーランドから来たといっていた。彼の地までこの道が知られていることはないだろうが、京都を訪れる人にとっては矢張り一度は歩いて見たい道に違いない。

|

« 吉行淳之介 | トップページ | 台風18号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/46353087

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学の道:

» 理系内閣誕生の意義 [変人キャズ]
「鳩山内閣と自公内閣の相違は、 論理的と非論理性の相違であり、責任政治と嘘吐き政治との相違」 であると、佐久間氏は、   ▲ 鳩山内閣と小泉内閣の相違 に書いている。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 08時15分

« 吉行淳之介 | トップページ | 台風18号 »