« 八月十五日 | トップページ | 都市対抗野球 »

2009年8月26日 (水)

八月

「八月は六日九日十五日」と言う句があるそうだが、我々の年代は、八月と言うと、原爆や敗戦日(終戦日とも言う)を含めて、戦争に明け暮れた青春時代を思い出す。
そんな青春時代に失ったものも大きかったが、失ったものばかりでないのは、精神的に耐えることの出来るメジャーをみな持っていることもその一つだろう。

今は戦争を知らない者が増えているという。勿論当時の耐乏生活や明日の命を保証されない日のあったことを知る者が少なくなっているだけでなく、想像すら出来ない者が居るのは当然のこと。

写真は戦時中の煙草の写真で、「ゴールデン・バット」という銘柄だが、敵性用語だと言うので「金鵄(きんし)」と改名して売り出されたもので、先に書いた八月十五日の資料を提供して下さったKさんの提供である。(写真はクリックで拡大)
Golden_bat_1_2 Photo_3
この写真から何を読み取って頂くかは読者夫々の領分。

一例として、当時は英語を敵性用語として、旧制中学校や旧制高等女学校などで、英語の授業を極端に減らしたところも多いと聞くが、幸い私の学んだ学校ではそんなことは全くなかったのは、幸いな事であった。

八月もあと僅かで終わる。本記事は多言をせずに、「八月と言う月」の意義をお互いに考えてみようとするのが本意である。

|

« 八月十五日 | トップページ | 都市対抗野球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/46032621

この記事へのトラックバック一覧です: 八月:

« 八月十五日 | トップページ | 都市対抗野球 »