« 虹 | トップページ | 八月十五日 »

2009年8月 6日 (木)

新涼

俳人協会・俳句文学館発行の、平成21年8月俳句カレンダー所載句の作者は有馬朗人氏、西村我尼吾氏の解説がある。

   新涼の母国に時計合せけり  朗人

『第2句集「知命」所収。昭和57年刊。処女句集「母国」の序文を、師の山口青邨は「二兎を追って二兎を獲得するで あろう」という文で締めくくっている。
 米国において極めて高い評価を得、正規教授資格も得ていたにもかかわらず、原子物理学と俳句の二兎を追うために昭 和48年、43歳のとき敢然と帰国を決意した。そしてまだ学園紛争の余波が色濃く残る中、東大学生俳句会「原生林」 を指導しながら、現代俳句のあるべき姿を、国際性の観点を踏まえて真摯に追求した。
 帰国してからも学問的業績を慕って、世界中の研究所・大学が朗人を招聘した。
 平成14年までに、海外への出張は長期短期を合わせて150回近くを数えた。
 掲句は、シシリー島からの帰国時、国際俳句から日本の俳句へ、自らの季感をリセットする時の作。秋の初めの涼しさ に母国の季節を感じながら、時差を調整する。それは朗人にとって二兎を追う覚悟を確認する聖なる儀式のようなもので ある。』

人生には何度か重要な決断をする時がある。解説を読んで、掲句はそんな時に詠んだものと知って感銘した。

 

|

« 虹 | トップページ | 八月十五日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/45847000

この記事へのトラックバック一覧です: 新涼:

» 金子きみ氏の戦中回想記事(1) [佐久間象川]
金子きみ氏、と言っても、知る人は知る、知らぬ人は知らぬ、名前だろうが、 以前に私のブログに書いた、 ▲「縁」に就いて(5) 金子智一、佐藤嘉尚:[B-49] をお読みになって、ご記憶の方も居られるであろう。 その金子きみ氏が6月23日にご逝去されたので、ご子息の雅昭氏が追想の記を書いておられる。... [続きを読む]

受信: 2009年8月10日 (月) 02時23分

« 虹 | トップページ | 八月十五日 »