« 出羽三山 | トップページ | 新涼 »

2009年8月 3日 (月)

最近、虹に関する記事を見て興味を惹かれた。虹と言えば、通常私たちが見かける「」は殆どアーチ形の虹で、時には二重虹を見かけることもある。
年中虹を見る事の出来る場所もあるがそれは、虹の発生条件が整っているところで、例えば大きな滝のところとか、ハワイ・マウイ島のイアオ渓谷などは其の例であろう。

昨年、私は水平に懸かっている虹を見た。この珍しい虹は「環水平アーク」と呼ばれる。
偶々信州上田市中を流れている千曲川の辺を走っている時に見かけた。かなり長時間懸かっていたように記憶している。
Photo
この「環水平アーク」に就いて、ネット情報があるので転載する。

『環水平アークは太陽が見える方向の地平線近くにほぼ水平の虹が見える現象で、太陽高度が58度以上の場合にのみ現れます。ですから真冬のように太陽の高度が低い時期に見えることはなく、夏場のお昼前後を中心に太陽が頭上高く昇るころに現れます。

環水平アークは高度が低くて視界に入りやすいので見つけやすく、明るく鮮やかに見える場合があるのでよく話題になります。これに対して環天頂アークは頭の真上近くに現れるのでなかなか気づきません。

色の並びは上(太陽に近い側)が赤で、環天頂アーク(下が赤)とは逆になります。環水平アークはその形状から水平環水平弧などと呼ばれることもあります。

内暈日暈)と環水平アークが同時に現れると太陽を二重の虹が取り囲むように見えるため、環水平アークを外暈と勘違いすることがあるので注意が必要です。また報道等では彩雲と称される場合も多いようです。』
と解説されている。

又、数年前に「丸い虹」を見たことがある。偶々北海道からの帰途、恐らく津軽海峡を渡り本州上空に差し掛かった頃かと思うが、はっきりと見ることが出来た。雲海をスクリーンとして映っている丸い虹は、雲海が平らではないので歪んで見える。写真はその時、機上から撮影したもので、飛行機と一緒に動いていた。其の傍には我々の乗機の影が映っているのもかねて聞いていたことと符合する。
Photo_2
丸い虹に関して、Pー3Cの機長さんの興味深い記事があるのでご紹介する。

『最近、都市部ではほとんど虹を見かけなくなった。虹が出ないのではなくて、そういう自然の移ろいを受け止める心のゆとりが無くなってしまったのかも知れない。

私が育った四万十川のほとりでは、夏空に夕立が通り過ぎるときれいな虹が出た。山をまたぎ田畑を越えて懸かる大きなアーチをいつまでも飽きずに眺めていた子供の頃の記憶が鮮やかによみがえる。

飛行機から虹を見たらどの様に見えるだろうか?

もちろん地上に懸かる虹は、多少高度の高い飛行機から見てもアーチ型である。

夏の夜空を彩る大きな打ち上げ花火は、地上から見るときれいな真円だが、上空から見るとどの様に見えるだろうか?と素朴な疑問を持って、夜間飛行の時に湘南海岸で確かめたことがあるが、真上から見ても見物人のいない海側(裏側)から見てもやはり真円であった。

ところが、飛行機で雲上を飛んでいると「まん丸な虹」を見ることができる。高度に関係なく、上空が晴れていて、飛行機の直下に雲海が広がっている場合、下の雲がスクリーンとなって自分の飛行機の影が映る。その周りにまん丸い虹が出来るのである。その虹は自分と同じ速さでどんどん移動する。

雲の上面は完全な平面では無いから、虹の七色はやや混ざり合った色となり、コントラストの乏しいぼけた色合いではあるが、虹であることは間違いない。

なぜこのように雲の海に丸い虹が出るのか(どこで分光されるのか?)は残念ながら分からない。そういえば、一般の乗客が旅客機の窓からこの虹を写真に撮って航空雑誌に出していたのを見たことがある。

飛行機がどんどん上昇すれば、外の気温もどんどん下がることは以前の稿にも書いたが、私が経験した一番低い外気温度は、晩秋の北海道上空3,1000フィートで-54というのがある。このような極低温にさらされると操縦席や各見張り窓のガラスも外気に接する層では収縮し、機内の空気に接する層では相対的に膨張することになるから熱破壊しないよう又、凍結して視界を失わないように内部の電熱層に通電して常に温めている。したがって窓ガラスは何層も張り合わせた構造になっており、大きな鳥にぶつかってもビクともしない。

それでも-54℃ともなると半端ではない。こんな低温では空気中に水分は無いから(すでに氷結して降下している。)ガラスの外側が凍ることはまずないが、機内の暖められた空気には水分が残っているからガラスの内側が凍る。息など吹きかけようものならたちまち厚い霜になる。電熱層を持たない窓は何もしなくても内側にびっしりと霜が着く。そんな時に後部の見張り席から後ろを見ると水平尾翼の先端から飛行雲を引いている。

最近、アフガニスタンを爆撃するB-52を地上から撮影した映像がしばしばテレビに出るが、B-52は主翼後縁からやや離れた所で飛行雲が発生し、4本の飛行雲を長々と後ろに残している。4本出る所を見ると2つずつ束ねたエンジン(全部では8発)から1本ずつ出ている様である。

P-3Cでは水平尾翼の先端から左右それぞれ1本ずつ出る。なぜエンジンから出ないのかは分からない。あるいは機内からは見えないやや後方で出ているのかも知れない。

いずれにせよ機内から見る飛行雲はあまり美しくない。後部見張り席のバブル・ウィンドウに顔をこすり付けないと見えないせいもあるが、なぜか灰色でみすぼらしい。直線飛行していると操縦席からは見えない。しかし、地上から飛行雲を見ると機種による色の違いは無いからP-3Cも旅客機と同じように真っ白なトレールを引いているのであろう。

私は飛行機から写真を撮るのが好きで、若いときから訓練の合間に色々なシーンを撮影してきたが、ひとつ心残りがある。それは、P-3Cが大きな半径で飛行雲を引きながら旋回し、大空に360度の円を残した場面をものに出来なかったことである。

すでに航空隊勤務を終えた老兵には飛行雲を引いて3万フィートを飛ぶ機会は無いが、ぜひ後輩の誰かがこの夢を実現してもらいたい。
 老兵は死なず、ただ消え去るのみ。』
とあり、やはり長くこのようなお仕事をされていると、我々には判らないご経験を随分されたでしょうし、色々な現象に会われたり、色々なロマンもご経験されたであろうと推察する。

良く結婚式などで、新郎・新婦を励ます言葉に「無限の可能性」という言葉が使われるが、それは懸命に努力したものが、幾多の困難を乗り越えたときに可能なことであり、それがなければ、虹のように華麗に見えながらやがて消えてゆくものであろう。

|

« 出羽三山 | トップページ | 新涼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/45817038

この記事へのトラックバック一覧です: :

» 「水平環」が高槻でも見られた [高槻のええとこブログ]
8月3日(月)の読売新聞(朝刊31面)に写真付きで大空異変の記事が載りました。その要旨は「兵庫県明石市の明石海峡で2日午前11時頃、南東の空に7色の帯が真横にまっすぐ伸びる「水平環」と呼ばれる珍しい現象が出現した。雨上がりの虹とは異なり、水平環は太陽と同じ方... [続きを読む]

受信: 2009年8月13日 (木) 08時50分

« 出羽三山 | トップページ | 新涼 »