« 八月 | トップページ | 秋、三句 »

2009年8月29日 (土)

都市対抗野球

社会人野球のメイン・イヴェントと言えば、毎年8月末から行われる都市対抗野球である。今年も8月21日から9月1日まで12日間、東京ドームで開催されている。
今年は節目の第80回記念大会とあって、例年より4チーム多い36チームで行われる。

都市対抗とは言うものの、実質上は企業対抗戦になっているため、壮絶な闘いと華麗な応援合戦を繰り広げる割には、毎日新聞以外では、比較的こじんまりとした報道しかされないのが実情である。TVなどでも決勝戦以外は放映される機会が少ない。特に今年は選挙期間とダブってしまったために、影が薄い感がある。
今年は景気低迷の影響から休部する企業もあり、名門日産自動車も今年を最後に休部することが決まっている。

そんな中で、今年も浜松市の代表としてヤマハが出場する。ヤマハ野球部は今年創部以来51年となる。都市対抗では、第43回(1972年)・第58回(1987年)・第61回(1990年)の3回優勝している。
私は過去の経緯もあり、特に思い入れが強く、今年は是非応援に行こうと思っていた。一回戦は都合で行けないものの二回戦(8月28日)は試合開始時間が11.00からと言うこともあって其処に決めていた。丁度其の試合が皇太子殿下のご観覧試合となったのは偶然であった。相手チームは鈴鹿市代表の強豪本田鈴鹿。
Img_8157
写真はヤマハ側から見た景で、応援合戦も華麗に展開された。(写真はクリックで拡大します)
Img_8153 Img_8147 Img_8149
試合結果はヤマハの4番佐藤の、ソロホームランと劇的なさよならホームランで、投手戦を僥倖にも勝ち抜いた。写真は最終スコアーボードを示す。写っている笑顔は殊勲の佐藤選手のインタビュー。
Img_8163
この結果ヤマハは8強の内の1チームとして、準々決勝へ駒を進めることになった。

嘗てヤマハも社内の雰囲気が湿った時がある。そんな空気を吹き飛ばそうと、野球後援会内の同志が語らって、野球を通じて空気を盛り上げようと手を打ったことがある。

その一端として、浜松駅長と直に話し合って新幹線で応援専用列車を走らせたことがある。其の列車を定員近くまで持ってゆくために動員を掛けた。勝ち進む度に応援者が入れ替わる。
浜松から出て掛川に停車する以外は東京までノンストップで走らせるために、当時の浜松駅長・大物のOさんが、中央と掛け合ってダイヤを組んでくれたことは忘れ難い思い出である。以後は其の方法を継続し、他社もそれに倣ったものだが、今は別方式になり、応援専用列車は語り草になっている。
グラウンドとスタンドの一体感は、勝っても負けても感動的で、社内に残った人たちにも伝えられ、野球を通じて社内の空気の盛り上がったのを実感した。

そんな過去のことも懐かしく思い出しながら、両市代表の熱戦と、応援合戦を楽しみながら観戦した。

|

« 八月 | トップページ | 秋、三句 »

コメント

都市対抗野球も、ホンダ(狭山市)がトヨタ(豊田市)を破って優勝しましたね。
私は、都市対抗野球ファンで、東京に近く住んでいるので時間がとれれば見に行く。
日産自動車が今年限りで休部と聞くと、なんとなく日産に優勝させてやりたかった気もするのですが。

投稿: 東男 | 2009年9月 2日 (水) 16時28分

東男さま コメント有難う御座います。
景気低迷の影響から、往時の強豪が姿を消して行くのは淋しい限りです。
後楽園時代は、試合が雨で流れたり、途中中断して最終試合が翌日廻しになったり、当事者は苦労したものだが、今は其の点は楽になりましたね。
試合と応援合戦とあの雰囲気は独特のもので、当事者でなくても見応えがある。
これからも宜しく。

投稿: Alps | 2009年9月 3日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/46060414

この記事へのトラックバック一覧です: 都市対抗野球:

« 八月 | トップページ | 秋、三句 »