« 新涼 | トップページ | 八月 »

2009年8月16日 (日)

八月十五日

あなたは勝つものとおもってゐましたかと
          老いたる妻のさびしげにいふ (土岐善麿)

敗戦の日が来るといつもこの歌を思い出す。
Photo_4 左の記事は朝日新聞の特報版で当日の玉音放送のあることを知らせた記事である。

玉音といふ語も死語か敗戦日

玉音放送は雑音が入り随分聞き取り難かったが、日本が戦争に負けたと言うことだけは判った。

暑い日だった。あの日は青空が一面に広がっていた。

毎年この日は全国戦没者追悼式が、天皇・皇后両陛下を迎え、東京の日本武道館で行われる。戦没者310万人。今年は第64回目の追悼式になる。正午の時報に合わせて全国一斉に黙祷を捧げるが、戦後はまだ心の中に残っている。

この大戦で肉親を失った人達にとっては、戦後は未だ終わっていない。戦争のあったことを知らない世代が増える中で、今も戦後の終わっていない人達はどんな気持ちでこの日を迎えたであろうかと思うといたたまれない気持ちになる。
Photo_7 Photo_8
写真は「終戦の詔書」の始めと、終わりの部分を示す。この後に昭和二十年八月十四日の日付と各大臣の署名がある。
(写真に示す当時の記録は、昭和20年8月12日に召集令状を受け、今年90歳を迎えた、Kさんの提供による。)

負ける筈がないと教えられていた戦争に負けた虚脱感、これで戦争に行かなくてもよくなったと思う安堵感、それらがないまぜになった複雑な気持ちだった。

敗戦の日を詠った俳句を、作句時期も作者も順不同に書き上げる。

敗戦日五つ違ひの兄逝かせ    岡本 眸
平成もはやひとむかし敗戦忌   保坂加津夫
敗戦忌知らぬ若者増えにけり   伊藤 一歩
海を見に敗戦の日の峠越す    宮崎 山景
勝つと信じ逝きにし父や敗戦日  林    翔
戦捷の明治に生れ敗戦日     能村登四郎
きれぎれの軍歌ざらつく敗戦日  岡田 貞峰
敗戦のビラ舞ひし村田草取る   木田 千女
敗戦日文箱の底の君の文     泉 京子
満月に白き海あり敗戦日      渡辺千枝子
その後の束の間なりし敗戦日    渡辺千枝子
敗戦や蝶が止まりて沈む草     今瀬 剛一
若きらの四肢美しや敗戦忌     橘 沙希
ひつつみといふすいとんや敗戦日 神蔵 器
言葉なき遺品の重み敗戦忌    彦坂 範子
死語となりし言葉の数や敗戦忌  水原 春郎
生を得しこと大切に敗戦日     水原 春郎
敗戦日語らざる父酔ひにけり    橋本 榮治
敗戦日電車は傾いて曲る      神野 沙希
敗戦日妻を入れむと風呂洗ふ   秋元不死男
暮れはててなほ鳴く蝉や敗戦日  石田 波郷
終戦の夜のあけしらむ天の川   飯田 蛇笏
玉音や記憶は飢ゑと蝉時雨    木村 一雄
耐ふること今は暑のみや終戦日  及川 貞
生涯の父の号泣敗戦日      大橋 敦子
這ふごとく敗戦の日の畳拭く    岡本 眸
まつ白な太陽一つ敗戦忌     伊藤恵美子
一億分の一の責負ひ敗戦忌   有働 亨
ふと浮かぶ明治の軍歌敗戦日  安陪 青人
奉天にて自刃思ひぬ敗戦日   松崎鉄之介

我が家ではこの日の一食は、当時の飢えた時代のことを偲んで、「すいとん」を食べることにしている。

|

« 新涼 | トップページ | 八月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/45941582

この記事へのトラックバック一覧です: 八月十五日:

» 玉音放送(NHKラジオ第1、1945年8月15日(水)12:00-) [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○「玉音放送」(NHKラジオ第1、1945年8月15日(水)12:00-) ポツ [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 16時37分

» 第64回終戦記念日 [二人のピアニストに思う]
昨日、2004/8/16、第64回の終戦記念日には、新聞もテレビも多くの終戦関連記事を報じていた。 昨年も、この日の私の感想は ▲[A-88][2008/8/14] 終戦の日とメデイアの無見識 に書いた。 正確に比較したわけでないが、私の受けた感じとしては、今年の方がメデイアは、比較的真面目に多くの報告をしていたように思う。 戦争被害者の体験談などを克明に集め、昨年よりも、新聞は多くの紙面を割き、テレビは多くの時間を充てて、それを伝えたように感じた。 語り継ぐ体験を持つ人たちが減っていく中で、現役... [続きを読む]

受信: 2009年8月17日 (月) 03時28分

« 新涼 | トップページ | 八月 »