« 数字処理と現実対応 | トップページ | 虹 »

2009年7月29日 (水)

出羽三山

出羽三山とは月山羽黒山湯殿山の総称で、推古天皇の御代蜂子皇子の開山である。
芭蕉も「奥の細道」の中で次のように述べている。

羽黒山
六月三日、羽黒山に登る。図司左吉といふ者を尋ねて、別当代会覚阿闍梨に閲す。南谷の別院に舎して、憐愍の情こまやかにあるじせらる。四日、本坊において俳諧興行。
   ありがたや雪をかをらす南谷
五日、権現に詣づ。当山開闢能除大師は、いづれの代の人といふことを知らず。延喜式に、羽州里山の神社とあり、書写、黒の字を里山となせるにや。羽州黒山を中略して羽黒山といふにや。云々。
Img_7775
月山湯殿山
八日、月山に登る。木綿しめ身に引きかけ、宝冠に頭を包み、強力といふものに導かれて、雲霧山気の中に氷雪を踏んで登ること八里、更に日月行道の雲関に入るかとあやしまれ、息絶え身こごえて頂上に至れば、日没して月あらはる。笹を敷き、篠を枕として、臥して明くるを待つ。日出でて雲消ゆれば、湯殿に下る。(中略)
惣じて、この山中の微細、行者の法式として他言することを禁ず。よって筆をとどめてしるさず。
坊に帰れば阿闍梨の求めによって、三山巡礼の句々短冊に書く。
   涼しさやほの三日月の羽黒山
   雲の峰いくつ崩れて月の山
   語られぬ湯殿にぬらす袂かな
   湯殿山銭ふむ道の泪かな     曾良  』

羽黒山の国宝五重の塔や杉並木は、普段は森閑と静まりかえり、其の威容を誇っている。冬の景は又厳しい景を見せてくれるだろう。
Img_7819
Img_7854

写真上は、月山8合目からの景。高山植物が今を盛りと咲き乱れ、雪渓を指呼に見る。曇天のため、下界は庄内平野を一望するも、日本海は見えなかった。
写真下は、湯殿山登り口の大鳥居。湯殿山の入口に着いたときは、既に時計の針は17時を廻っていたので、入山を一旦断られたが、事情を話してとにかく登り口の大鳥居までは行くことが出来た。明日7月1日は山開きとあって、神主が山に向かってお祓いをし、また関係者と、丁度其処に居合わせた私たちも合わせてお祓いをして頂いた。

今度の出羽三山行きは、お寺さんの企画とあって、比較的お年寄りが多いので、なるべく歩く距離をすくなくする配慮と、多少経費負担の問題もあって、浜松から長躯、観光バスで出かけた。
従って1日目と3日目は目的地まで、トイレ休憩や食事時間や土産物の為の時間を除いて走るだけ。
2日目は丸1日掛けて目的の三山巡り。
宿泊は、1日目は鳴子温泉、2日目は日本海のすぐ近くの湯野浜温泉のホテルに泊る。ホテルの窓から直ぐ傍に横たわっている日本海を見たときはなんとも言えず懐かしかった。曇天のため海の色は濁って見えたが、とにかく胸を揺するものがあった。帰路、本来なら見えるはずの佐渡も雲の中。

今回の旅はかなり乗車時間が長く、お年寄りにとっては、強行軍だったが全員無事に帰浜した。

鳴子はこけしの産地。資料館で、縁起の良いこけしを見た。
Photo_2

|

« 数字処理と現実対応 | トップページ | 虹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/45774353

この記事へのトラックバック一覧です: 出羽三山:

« 数字処理と現実対応 | トップページ | 虹 »