« 松平郷 | トップページ | 卒寿翁の句集「老楽」 »

2009年6月28日 (日)

株主総会

世界的景気後退の中で、今年の株主総会は波乱含みのところが多い。
そんな中でY社の株主総会も6月25日に開催され、結果的には順調に終った後、平部やよいさんのエレクトーンのミニコンサートがあった。
090625 彼女は今もプロのエレクトーン奏者として活躍中である。
写真は当日の演奏風景(静岡新聞)。

使用したエレクトーンは2台で、1台は初期のエレクトーンで品番はD-7、そしてもう1台は2009年モデルである。
曲目はアンニローリーなどを加えて彼女のオリジナル曲を主体にした演奏だった。
2007年の株主総会の後ではピアノ演奏が行われたが、今年はエレクトーンの演奏で、このような企画は嬉しい。

実は、今年はエレクトーが誕生した1959年から数えて50周年に当たる。
社内報などでも紹介があったはずだが、余り目を通していなかったこともあり、今度の株主総会に出るまでそのことに気付かなかった。
下の写真は初期のエレクトーンD-2Bで当時名器と言われロングセラーとなった商品である。
Img_4945
当時のエレクトーンは写真のように木材もふんだんに使い、スピーカー内蔵型の重厚なもので今から見ても懐かしい。
嫁ぐ前の子らとピアノ・ギター、そしてこのエレクトーンでファミリーアンサンブルを楽しんだ事もあり、今となっては遠い懐かしい思い出である。

1959年に誕生したエレクトーンであるが、開発までの経緯に就いては別途紹介したこともあり、本欄では省略するが、経営的にはエレクトロニクス化への方向転換をする重要な位置づけにあった商品で、以後大きく全体の商品内容が変わってゆくきっかけとなった。

当初の商品は写真(D-2B)のようなものだったが、1960年代後半に入って、Bシリーズが開発されて急速に普及し、1980年代後半にはMEシリーズが出て、スピーカーと本体と切り離され、コンパクトな外観となり、より機能本位となり現在に至っている。

平部さんの演奏を聞きながら、生産開始当時のことが走馬灯のように思い出され感無量だった。

|

« 松平郷 | トップページ | 卒寿翁の句集「老楽」 »

コメント

想い出深い総会でしたね。ご自分が手がけたお仕事で、昔を偲ぶなんていい思い出ですね。
 私も25日は、聖隷の退職者の会があり久しぶりに昔の仲間にあいました。
 しみじみ年を思いましたのは、昔の面影をみる何人かの職員から、来月とか、来年とかに定年ですと聞かされた時。そして彼らが事業報告の中で、今年中に正規、パートを含め一万人を超すとか。私が退職の頃は2000人、私たちが経験したことのない、多方面への展開、医療も、福祉も求めるニーズが変化してきており、それに、いかに対応してくれるかが、求められる為かと思いますが。老人ホーム一つ取っても
老人施設がそこにあればすむ問題でなく、地域社会との関係、世代との関係の有り方、など多くのことが模索されているようです。頑張れ後輩です。

投稿: syoudou | 2009年6月28日 (日) 16時10分

syoudouさま コメント有難う御座います。
最近余りエレクトーンの演奏を聴いていなかったので懐かしかったです。両手・両足そして膝(膝はスウェルを使うとき)を使っての演奏は中々見応えがありました。
ヤマハにとって、始めてのエレクトロニクス商品としてのエレクトーンの生産立ち上げには、色々の困難もありましたが、あの演奏を聴いているときにそんな思い出も含めて聴いたものでした。
でもそんなことを思って聴いている年代ではなくなって来ているのも事実です。それだけ高齢化してきているということです。
医療の関係にお詳しいsyoudouさまですが、立場が変わっても何か共通したものを感じますね。

投稿: Alps | 2009年6月28日 (日) 17時47分

自分の手がけた仕事で往年の生活を思い起こすなんて、羨ましいです。
私などは幾つもの職場を転々し食いつないできたのだが、その全てが現存しません。
最初に就職したK社は可也大きな会社だったが業績不振で同業他社に合併吸収されたし、その後の職場も全て似たような経緯で、其処で私が流した汗と涙は、形として残ってはいません。
私はこれが普通の姿であって、寧ろこの年齢まで無事に生かして貰えたのが幸せだったと感じるので、愚痴を言うつもりは全くありません。
Alpsさんが辿ってきた足跡が見事に残っているのを、心からお祝い申し上げます。

投稿: K.Y. | 2009年6月29日 (月) 03時47分

K.Y.さま コメント有難う御座います。
世の中には色々の生き方や経緯があって、自分のことしかわからない者には、言われてみればそうだそんな世界もあるのだと気付かされることがあります。
終身雇用が当たり前の世界といっても、終身働く場があってのこと。ところが今は終身雇用は望めない時代になってきているし、経営者も従業員もそのような世界が当たり前と理解する時代とあってみれば、半世紀も前に手がけた製品が更に磨かれて目の前で活躍するのを見る機会がなくなりつつあることを知りました。

投稿: Alps | 2009年7月 2日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/45469599

この記事へのトラックバック一覧です: 株主総会:

« 松平郷 | トップページ | 卒寿翁の句集「老楽」 »