« 羊の毛刈り | トップページ | 富士山静岡空港 »

2009年5月13日 (水)

合同句集「初生」

合同句集「初生 第十集」を頂いた。

第十集と言えば、当然初版発行より9年間経過していることになり、会員の精進もさることながら毎号の作成に、労を惜しまない、Sさん・Fさんのボランティア活動に敬意を表したい。
一冊の本にまとめると言うことは中々に手間暇のかかることだけにその労苦は察せられる。
10 普通10と言う数は節目の数として何らかのアクションが取られることが多いが、この「初生 第十集」では特にそのようなこともなく、淡々といつものように発行されている。

例年の句集にならって今回も、各自夫々にこの1年を振り返り夫々の想いを述べているのが意義深い。

自分の故郷と子供の頃の思い出、、節目の年の決意、句作のための努力、感動の記録や想い、健康の喜び、家事関連のこと、歳を重ねると言うこと、療友との思い出、朱鷺にまつわる話、句作の動機、自句鑑賞を通しての想い、身辺の出来事、美しい自然を大切に、生活実感、旅行の思い出、季語にまつわる話、敬虔な祈り、健康維持の努力、呆け予防の句作効果等々、夫々の生活実感や思想遍歴、悲喜交々の想い等が綴られていて印象が深い。

投句者は22人。各自20句の投句は例年通り。
以下に主宰の投句から数句、各投句者の各20句から主宰が選んだ「今年の一句」を掲載する。

   晴朗にして風強き建国日
   春楡の芽のまだ固き農学部
   海市かと色めきたちてゐたりしが
   雁落つる空知平野の麦青み
   羊刈る今年も梨の花の頃
   山清水湧きつぎて川勢ひけり
   七色の一目十万本の百合
   雲辺寺より天降(あも)りきし秋遍路
今年の一句
   輪飾の傾いてゐる三十度
   石庭の海より雪の積もりけり
   手のひらに載せて転がすてんとむし
   長老の吾にまかせろ山女焼く
   若緑しりへに疾駆草千里
   峡の宿朝蜩の一頻り
   年越の首まで沈め燗徳利
   気仙沼の秋刀魚届けり生で食ふ
   鶯のほほほほほほで終りけり
   手のひらに載せればたいら夏椿
   一斉に土用蜆を目指す舟
   大蟻を大和で見しも九月かな
   煤払ひ一人不明となりにけり
   南無大師遍照金剛雲の峰
   夕凪や湖上を渡る鐘一つ
   蒟蒻玉角のごとくに芽を出せる
   厄落す頂戴物の長寿箸
   処暑けふの葉書に余白ありにけり
   下駄の緒を少しゆるめに踊りの輪
   いち早く土佐の新米届きけり
   眠さうに廻る水車や草の花

今年もこのような句集を拝見して、夫々に夫々の年輪を重ねていることが垣間見える。気力・体力・知力と言うが、体力・気力が伴っての知力のように感じるこのごろである。投句者の中にも健康のことについて言及しているのも特徴の一つであり、そのように感じる私自身もそれだけ歳をとったと言う証でもあるのだが。  

|

« 羊の毛刈り | トップページ | 富士山静岡空港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/44997135

この記事へのトラックバック一覧です: 合同句集「初生」:

« 羊の毛刈り | トップページ | 富士山静岡空港 »