« 課外授業、ようこそ先輩 | トップページ | 蕎麦打ち名人 »

2009年2月 2日 (月)

英語で俳句

始めて海外に出かけたのは1963年、技術視察の為に欧米を回った時。

その旅の途中、偶々飛行機の中で出会った「或る女子学生との会話」は、今も旅の楽しい思い出となっている。
彼女との会話を通して、海外でも俳句を勉強している人がいるのだなと思った。
今、海外での俳句熱は盛んとも聞くが、俳句に使われる日本語の持つ微妙なニュアンスや韻律を英語で表現するのは中々難しいのではないかと思う。
今も漢字の読めない大臣がいる位だから。

それはさておき、以下はS誌のホームページから引用した俳句の英語訳である。鑑賞は御意のまま。

冬紅葉木曽川光りつつ流る
(Fuyu-momiji Kiso-gawa hikari tsutsu nagaru)
    ((Gotou Yoshiko))

red maple leaves--
the KisoRiver
is shimmering



十二月飛騨より美濃へ雲流れ
(Jyuuni-gatsu Hida yori Mino e kumo nagare)
   ((Hayakawa Toshihisa))

December...
a cloud flows
from Hida
to Mino



街路樹に電飾点じ師走くる
(Gairo-jyu ni denshoku tenji shiwasu kuru)
    ((Yamaguchi Akio))

the Christmas lights
are lit on street's lined trees...
we are in December



枯菊を焚く黄のけむり黄のかをり
(Kare-giku wo taku ki no kemuri ki no kaori)
    ((Takanashi Hideko))

the withered mums
are burnt...
the smoke and scent is yellow



日短かと言ひ山行きのバスに乗る
(Himijika to ii yama-yuki no bus ni noru)
    ((Tahara Keiko))

I said "the days are shorter"
and got on the bus
for the mountain



ひと日ひと日余生減らしつ冬に入る
(Hito-hi hito-hi yosei herashi tsu fuyu ni iru)
    ((Nakayama Masako))

the rest of my life
reduces, day by day...
winter comes



かつぶしと暦を添へて衣配り
(Katsubushi to koyomi wo soe te *kinu-kubari)
    ((Kansha Ikuko))


I deliver clothes
to parishioners
with dried bonito and calendar


除夜の鐘一打一打を過去とせる
(Jyoya no kane ichi-da ichi-da wo kako to seru)
    ((Yamamoto Namiyo))


each ring of
the Joya no kane right away
makes itself the past


今年また同じつつじの返り咲く
(Kotoshi mata onaji tsutuji no kaeri-saku)
    ((Matsubara Toshie))


the azalea bloomed
out of season
this year
too

|

« 課外授業、ようこそ先輩 | トップページ | 蕎麦打ち名人 »

コメント

Alpsさんと同じ頃(確か1967だった)、米国の飛行機内で同席した若い米人女子学生と俳句の話になり、
Fully care, coward to become me donot.
と言っても、貴女方には意味が通じないだろうが・・・、と云うと、彼女は「言いや、意味のある英語の文章になっている」というので驚いた。 一体、英語として、どんな意味になるのだろうか?

投稿: 二人のピアニスト | 2009年2月 3日 (火) 04時30分

お説を伺って、あの時もう少し心に余裕があれば、
You might think head,today's sum fish.
と聞いてみれば良かった。

投稿: Alps | 2009年2月 3日 (火) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/43934580

この記事へのトラックバック一覧です: 英語で俳句:

« 課外授業、ようこそ先輩 | トップページ | 蕎麦打ち名人 »