« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

穂の国

井の国」「毛の国」等、地名には獏としていながら、歴史の匂いのするものがある。

過日、Wさんから 「穂の国という地名があるがその由来を知りませんか」 と聞かれたが、そんな呼び名の地名のあることは漠と承知していたが、改まってその由来はと聞かれたら答える資料を持ち合わせていない。
調べて何か判ればお答えすることにした。

ネットで調べたところでは 『日本列島の丁度真ん中。奥三河の山々に抱かれ、豊川の流れを中心に平野から半島まで1719平方キロに76万人が暮らす東三河地域』 という位しか判らない。これでは答えにならない。

平凡社の「百科事典」で調べてみたら 『東海道に属する上国(延喜式)。大化以前、東三河に穂国(ほのくに)があり、穂国造の本拠は宝飯(ほい)郡にあった。郡名は穂国に由来する宝飫(ほお)の転化したものである。云々』 とある。

これまで判るとその本拠のある豊橋中央図書館で調べれば更に詳しく判る筈だと思い、問い合わせたところ同図書館のHさんから電話があり、「その関係の書を集めておくからいらっしゃる前日にご連絡下されば、わかるようにしておきます」 とのこと。

しかし、所要の為10日間図書館に行けなかったので、取り敢えず、先の資料をWさんへ送ったところ、「古代和名抄あたりに起因しているものと判りました。実は当地の壬生の里、壬生ホールが丹生がなまったものとこじつけていることが気になっていたのでお尋ねした次第です」との返事だった。

その後、豊橋中央図書館を訪ねたところ、Hさんが適当に資料を用意して下さっていた。

豊橋市編「豊橋百科事典」から 「穂国(ほのくに)」 を引くと 『穂国は、現在の東三河地域に大化以前に存在していた国造(くにのみやつこ)支配下の国名である。「国造本紀(こくぞうほんぎ)」によれば、現在の三河国に三河国造と穂国造があった。穂国は、三河各郡の位置関係から見て、奈良期の三河国7郡のうち宝飫(ほお)・八名・渥美の3郡がその範囲と考えられている。穂国の地名は、東三河地域の各所から見ることのできる山、本宮山(ほんぐうさん)~秀(ほ)の山より生じたるものとされ、その地域は、東三河にあたる。大化の改新(645)のとき、西三河の参河と東三河の穂国が合併して三河国となり、国府や国分寺は豊川市の白鳥・八幡付近に設置された。』 と詳しい。

また豊橋市編「豊橋市史(第一巻)」から 「地名の変遷」 を読んで見ると 『現在の豊橋市は、以前の宝飯(ほい)・渥美・八名の3郡にまたがっているが、その3郡すなわち東三河の地域は、古くは穂の国と呼ばれた。国語の「ほ」は、「日本古語辞典」に、「ホ(穂)(秀)-と(芽胚)の分化、穂の意は専らホと表現するが、ヒ(秀)、ヒデ(秀出)をもホと称へ、修飾的には通例連繋助詞ツと結合してホツエ(上枝)、ホツテ(最手)、ホッタカ(秀鷹)の如く用いるが、尚ホコ(矛)(秀子)、ホト(秀処)のように直接これを冠することがあり、実態語としては国のホ、又はマホラなどという用例もある。」 とある。……穂国は、東三河各方面より望まれる印象的な山、今の本宮山より生じた名称であろう。本宮山は、ほの宮の山の意であり、本野が原は、ほの山麓の原の意であり、本坂峠は、ほの境峠の義で、穂の国へ入る峠である。また穂の山より流れ出る川は、ほの川であり、宝(ほ)川、豊(ほ)川と表記したものを誤ってたから川、とよ川と読むに至ったのであろう。』 と記されている。

最近の合併で歴史的地名がいとも簡単に失われている事実は寂しいことである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月25日 (水)

続、歳々年々

夜来の雨の中、今日(25日)午前中に確定申告を済ませた帰路、通称木蓮通りに沿った蕎麦屋へ寄った。見るともなく外を見ていたら白木蓮が咲き始めているのに気がついた。
Photo_2 写真は同じ日の17時過ぎ、雨の上がった同通りを歩いていた時携帯で撮ったもの。

この花は当然のことながら毎年今頃になると咲く。
歳々年々」、「続、木蓮通り」、「木蓮通り」にも記したように昔は卒業式が行われる頃に咲いたものだが最近は、それより早く咲くようになった。地球温暖化の影響だろうか。

私はこの花を見ると「歳々年々人同じからず」という詩の一節を思い出す。この頃から「春愁」が始まる。

歳時記によると春愁は「草が萌え、花が咲き、鳥が鳴く春は地球上に生気が溢れる季節である。しかしそのような中で私達人間は、ものうい哀愁を覚えることがある。ふっと物思いにふけったりする軽いぼんやりとした憂鬱な感覚、春だからこそ感じるそこはかとない愁い、哀しみをいう。春恨、春怨などはより主観的な傾向が強く、男のつれなさに就いて女が使うことが多い」とある。

ついでながら秋には「秋思」がある。
同じく歳時記は秋思に就いて「秋になり心に感じたり思ったりすること。他の季節に比べて秋はもの思うことが多い。秋懐も秋思と同じ意味。傷秋は、もう秋が来てしまったという悲しい思いである。寂しさ、静けさ、秋のあわれなどが一体となって形づくられる感情である」とある。
春愁が乙女がらみだとすると、秋思は漢がらみとする意見もある。

私はこの道の、この白木蓮が咲き出すと、笈を負った時代のことを思い出す。そして両親や子供達・恩師そして旧友のことなども。
     銀漢や笈を負ひたる日の遠く  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

蕎麦打ち名人

信州出身の蕎麦打ち名人Y氏の、蕎麦打ち実演を拝見し、その蕎麦を頂いてから3年程経つ。その時の実演光景と味は今も忘れられない。

そのY氏が、今度も蕎麦打ちをしてご馳走してくださると言う。早速ご自宅に伺う。さすがに蕎麦打ち設備は整っていて、鮮やかな手つきにも再度感心した。茹で上がった蕎麦を頂く。
Img_6092 Img_6102 Img_6104
付け汁も手作りでI.H.で適当な温度に温められている。柄杓状の小さな竹篭へ必要な分量の蕎麦をとり、汁に浸して温めると共に汁の味を沁み込ませて手元の椀へ入れて食べる。
写真は左から、手打ち蕎麦を刻んでいるところ、各自が蕎麦を食べるための膳部、汁に浸した蕎麦を椀へ移そうとしているところ。

蕎麦の味は、蕎麦自体の味は勿論だが付け汁の味との相乗積にもなる。今度も又、手打ち蕎麦の素晴らしい味を堪能させて頂いた。その膳の食器は殆ど木曽の漆器で、ぶ厚い漆の光沢がしっとりと味に花を添えていた。

感動したのは蕎麦の味と共に、実はY氏ご夫妻の生き方である。
奥様も実に明るいし話も弾む。部屋にあるものは奥様好みのものとおぼしきものが、これも部屋にマッチングした飾り棚に収められている。名人は言葉少なに楽しげに動いている。ご夫妻とも謙虚で言葉や行動の端はしにそれを感じる。至極自然体で衒いも無く、着物もありのままの普段着で何かゆとりと心の豊かさがある。

蕎麦を頂いた横の別室は和洋兼用で、床の一部が畳になっていて、その一部の床板を外すと、囲炉裏が切ってある。五徳・火箸・渡し・火消し壺等、どれをとっても懐かしい。故郷の信州時代の生活を思い起こして郷愁を感じる。
Img_6106_2
お聞きした所では時々の海外旅行も、名人ご自身でスケジュールを作ると言う。これはと思うイヴェントをネットで予約を取り、それを中心に全ホテル予約を前提で 組むという。

蕎麦も美味しかったがそれ以上に、その生き方に感動した。
人の生き方や人生観は人夫々。これがベストと言うものはない。それにしても、「あれも人生、これも人生」の感を深くした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

英語で俳句

始めて海外に出かけたのは1963年、技術視察の為に欧米を回った時。

その旅の途中、偶々飛行機の中で出会った「或る女子学生との会話」は、今も旅の楽しい思い出となっている。
彼女との会話を通して、海外でも俳句を勉強している人がいるのだなと思った。
今、海外での俳句熱は盛んとも聞くが、俳句に使われる日本語の持つ微妙なニュアンスや韻律を英語で表現するのは中々難しいのではないかと思う。
今も漢字の読めない大臣がいる位だから。

それはさておき、以下はS誌のホームページから引用した俳句の英語訳である。鑑賞は御意のまま。

冬紅葉木曽川光りつつ流る
(Fuyu-momiji Kiso-gawa hikari tsutsu nagaru)
    ((Gotou Yoshiko))

red maple leaves--
the KisoRiver
is shimmering



十二月飛騨より美濃へ雲流れ
(Jyuuni-gatsu Hida yori Mino e kumo nagare)
   ((Hayakawa Toshihisa))

December...
a cloud flows
from Hida
to Mino



街路樹に電飾点じ師走くる
(Gairo-jyu ni denshoku tenji shiwasu kuru)
    ((Yamaguchi Akio))

the Christmas lights
are lit on street's lined trees...
we are in December



枯菊を焚く黄のけむり黄のかをり
(Kare-giku wo taku ki no kemuri ki no kaori)
    ((Takanashi Hideko))

the withered mums
are burnt...
the smoke and scent is yellow



日短かと言ひ山行きのバスに乗る
(Himijika to ii yama-yuki no bus ni noru)
    ((Tahara Keiko))

I said "the days are shorter"
and got on the bus
for the mountain



ひと日ひと日余生減らしつ冬に入る
(Hito-hi hito-hi yosei herashi tsu fuyu ni iru)
    ((Nakayama Masako))

the rest of my life
reduces, day by day...
winter comes



かつぶしと暦を添へて衣配り
(Katsubushi to koyomi wo soe te *kinu-kubari)
    ((Kansha Ikuko))


I deliver clothes
to parishioners
with dried bonito and calendar


除夜の鐘一打一打を過去とせる
(Jyoya no kane ichi-da ichi-da wo kako to seru)
    ((Yamamoto Namiyo))


each ring of
the Joya no kane right away
makes itself the past


今年また同じつつじの返り咲く
(Kotoshi mata onaji tsutuji no kaeri-saku)
    ((Matsubara Toshie))


the azalea bloomed
out of season
this year
too

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »