« 句集「太郎杉」 | トップページ | 英語で俳句 »

2009年1月30日 (金)

課外授業、ようこそ先輩

25日(日曜日)の午後、偶々1時からのNHK総合TVで、「課外授業、ようこそ先輩」を見るともなく見ていて惹き込まれた。
時々この番組を見ることがあっても途中でやめてしまう事が多かった。ところが当日の講師である新井満氏の授業を見ていて何か興味を惹かれた。

彼の母校である中学校の後輩に対する授業で、そのテーマが、「生と死について」。
中学校の生徒にどんな手段と話し方で、それを理解させることが出来るのだろうか。そう考えるとまだ年端のいかない生徒にとっては遠い未来のことであって差し迫った問題ではないだけに理解を得ることが困難なのではないかと思った。

講師の新井満氏は、小説家・シンガーソングライターでもあり「千の風になって」の訳作詩家として知られている。
彼の言葉から引用すると、ある悲しい経緯(詳細は略)があって、『原詩となる英語詩を何ヶ月かかかって探し出し、それを翻訳して私流の日本語訳詩を作りました。それに曲をつけて歌唱したのが、この度の「千の風になって」という歌です。』と述べている。

彼の課外授業は異色だった。生とか死とか言う概念に就いて判り易く説明しても、生徒にとっては所詮他人事にしか思えなかったのは当然の成り行きだった。

その後、生徒一人一人に大きな画用紙を渡して、彼らが夫々大切にしているものとか、愛しているものとかを描かした。
それを元に個別面接で、なぜそれがあなたにとって大切なものなのか、なぜそれが愛するものなのか、なぜ掛け替えのないものなのか等に就いて会話してゆく。
生徒が漠と考えていた内容について講師が色々の角度から聞き出してゆくうちに、生徒が考えて描いたものの奥に大切な内容が潜んでいることを感じ、やがて表面的に漠と考えていたことが何か形のあるものとして立ち上がってくる。
そして世の中には自分にとって掛け替えのないもの、感謝しなければならないもの、知らないうちに受けている恩愛等を知ると共に、それらを伝えてゆく役割があると言われる。そんな話をしている内に、自分が描いた画用紙の中身が生きているように感じるようになる。

その上で、校庭の真ん中に大きな火床を作り、生徒一人一人が順に、自分の描いた画用紙を火に曝して燃え上がりやがて灰となってゆく過程をじっと見つめる。
涙を流す生徒、ため息をつく生徒、立ち尽くす生徒もいる。
目の前で起こっている現実から、おぼろげながら主題の「生と死」について何かを感じ取っていったようだった。そして「」を大切にすることや自分の役割も。

この課外授業を見た人も、夫々の意見や想いや感動もあろうがそれは人夫々であって良い。しかしいずれにしても心に残る授業であったことには間違いない。

先輩であり講師であった新井氏が、課外授業を終えて、手を振りながら生徒と別れてゆく。生徒の顔の晴れやかだったのが印象的だった。

|

« 句集「太郎杉」 | トップページ | 英語で俳句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/43853115

この記事へのトラックバック一覧です: 課外授業、ようこそ先輩:

» 『堀直虎公伝』復刻版 [二人のピアニストに思う]
先日、須坂市(長野県)に行った時に貰って来た資料を見ていて、 Alpsさんは長野との連絡が良いので、この様なこともよく承知しているのだろうなあ、と思いながら読んでいたのだが、 念のためにご連絡します。 万一、ご存じなければ非常に惜しい、と思うので。 ?『堀直虎公伝』復刻版    (平成元年:発行所、須坂郷土史研究会:須坂市井上2579、電話0262−45−4360)、 という装丁も立派な、シッカリした本。    私などは、堀直虎のことを全く知らなくていて、    暫く前に初めて知った時に感動して、... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 09時42分

« 句集「太郎杉」 | トップページ | 英語で俳句 »