« トヨタ・ショック | トップページ | 初日の出 »

2008年12月31日 (水)

ノーベル賞・益川敏英氏

今年も間もなく除夜の鐘。

アメリカを震源地とする金融危機の齎す100年に一度ともいう経済危機の暗い世相の中にあって、日本人4人のノーベル賞同時受賞は、来る年に繋がる明るいニュースである。
0812101

写真は受賞式出席の3氏。左から小林誠氏益川敏英氏下村脩氏(静岡新聞より)。南部陽一郎氏は奥様の健康状態からシカゴ大で受賞。

特に印象深いのは益川氏。
氏の言う「I speak Japanese only.」は、もちろんそのまま受け取る訳にはゆかないが、事実、受賞記念講演は本当に日本語でされたという。
氏は嫌いなのか苦手なのか英語がいやで海外の学会には行かないという。そう言えば初めてパスポートをとったのが今回の受賞式に行くためと聞いて驚いた。
氏は又「英語がしゃべれなくても物理は出来る」と言うが「英語を覚えなくてもよいということではない」とも言っている。

日経夕刊の「人間発見」という記事に、益川氏と一緒に研究した物理学者の坂東昌子氏の話が載っている。その記事の一部を引用すると、

『益川敏英さんと一緒に論文を書いたのは、小林・益川理論が世に出て10年ぐらい後でしょうか。「超対称性が自発的に破れたときどんな不変量があるか」と議論を持ちかけたら、「それは新しい鉱脈かも」と益川さんが乗り気に。彼は出張から戻るたびに「新幹線の中で考えた」と言って数式がぎっしり書かれた紙を、はいっと渡す。こちらはその式を解読するのに四苦八苦。益川さんの数学の「腕」のすごさを思い知らされました。』

素粒子論の分野では1960年代後半から70年代にかけて新しい流れが起きた。それをいち早くつかんだのが今年のノーベル賞を取った益川、小林の両氏。私は流れを見極めることが出来なかった。だからでしょうか今なお物理への思いが尽きない。日本が得意とするクォークの世代の起源は自分の手で解明したかった、という無念さもほんのすこし残っている。』と、書き記している。益川氏とそのグループの在り方の一端を知ることが出来る。

来年は丑年。牛歩でも良い、一歩一歩を大切に明るい年にしたいものだ。

|

« トヨタ・ショック | トップページ | 初日の出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/43547491

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞・益川敏英氏:

» 不思議な体験 [変人キャズ]
▲[C-176][2009/1/1] 日米開戦67年目の年末に思う という前回エントリーは、表題からすれば、当然12月末の日付で公開されなければ可笑しい。 しかし、現実は、今年1月1日になっている。... [続きを読む]

受信: 2009年1月 2日 (金) 21時00分

» ノーベル賞受賞者と文化勲章 [二人のピアニストに思う]
10月28日、政府は今年度の文化勲章受章者8人と文化功労者16人を決定した。 今年のノーベル物理学賞に選ばれた小林誠、益川敏英、化学賞の下村脩の三氏も文化勲章受賞が決定した。   ノーベル賞に選ばれた南部陽一郎は既に78年に文化勲章を受章しているが、今回の 三氏はノーベル賞の後から文化勲章が決まった のが、いかにも日本的現象で面白い。 ノーベル賞が人類の歴史に刻まれる立派な事象であるのに対し、文化勲章という田舎町のお祭りのようなものが・・・・・という注釈は、此処では書かない方がよいであろう。 ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 06時06分

« トヨタ・ショック | トップページ | 初日の出 »