« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月11日 (火)

愛情を背にパラリンピック金メダル

11月10日7時PMから約50分間に渉って、あさひTVから「ドキュメンタリ宣言、浜松市出身のスイマー、目指せパラリンピック、身長116cm”祖母”に金メダルを」と題する放映があった。

そのスイマーとは鈴木孝幸君、祖母とは里親として孝幸君を育て上げてきた小松洋さん

先日一通の封書が届いた。中味は「パラリンピック出場選手 鈴木孝幸君を後援してくださった皆様にお礼申し上げます」という、パラリンピック出場鈴木孝幸君後援会からのもの。(写真は同後援会からの挨拶状に掲載されていたもので上が小松洋さん、下が鈴木孝幸君)

今年9月の北京パラリンピックに競泳選手の主将として出場した孝幸君は、50m平泳ぎで金メダル(予選は世界新記録で通過)、150m個人メドレーで銅メダルを、その他の競泳では200m自由形で8位入賞、100m自由形で7位入賞という成績を挙げた。
11 TV放送では北京で金メダルをとった孝幸君が、小松さんの首へそのメダルを掛けてやるシーンが胸を打った。

孝幸君は「小松のお母さん」と呼んで小松さんに育てられた。
保育園長だった小松さんは、孝幸君が赤子の時から育て、やがて里親として自分の家で普通の児童同様に育て、普通の児童同様に小学校へ通わせた。
その為に小松さんは自動車の運転免許を取得して小学校へ送り迎えした。
決定的な身体的ハンディがあるのに普通の子同然Photo_3 に育ててきた経過を今度の放送は見せてくれ視聴者の感動を誘った。

小松さんは上記後援会からの挨拶状の中で「重度の障害を負って生を受け、今その身体が力いっぱい泳ぎ、世界の頂点に立っている事を考えると感慨無量です。これも今日まで実に多くの暖かい支援を賜ったおかげであり、心より厚くお礼申し上げます。」とご挨拶されている。

孝幸君は小松洋さんという素晴らしい献身的な人との出会いによってこれまで普通の子と同様に育てられ、高校から早稲田大学の教育学部に進学し、今は一人で東京で学生生活をしており、今年は4年生として、これからの進路を決める段階に差し掛かっている。

これからも生来の負けん気と素直な性格で社会で羽ばたいていってくれる事を望むや切なるものがある。

パラリンピックに就いて一言。
パラリンピックに対する各国の対応もまちまちで日本の強化態勢は世界に遅れをとっている。
日本ではオリンピックは文部科学省が担当しており、パラリンピックは厚生労働省が担当しているが、「パラリンピック出場の選手は個人負担が200万円を越し、個人としては限界を超している」という。
孝幸君を北京へ送り出すために組織された後援会では255万円の浄財が集められ、今度の出場とな った。

パラリンピック出場に就いて国は、今後どう考えるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

石蕗の花

   日本に帰りて石蕗の日向あり   

俳人協会・俳句文学館発行、平成20年11月カレンダー所載句である。
作者は大峯あきら氏で、山本洋子氏の解説がある。

『ドイツの長旅から帰った作者の前に、石蕗の花の咲く日向がある。その沈潜した黄色は、よその国にはないものだ。それは、母国に帰ってきた、という実感とともに、冬のはじめに開く石蕗の花の、人の心の奥深くを照らすような不思議な花明かりを前にする作者の姿を浮かび上がらせる。
 一雲もなきミュンヘンの空が好き〉。平成15年、訪独一連の句がある。この時、長年の友人ヘンリッヒ教授の自宅を訪れている。
 〈繚乱の千草に君が門はあり〉。彼が、チューリンゲンにある詩人ヘルダーリンの墓から移植した樫を詠んだ〈樫の苗つきたる秋の館かな〉もある。
若い頃の留学の地ドイツは、作者にとっていつも懐かしい地なのであろう。Img_5289_2 帰国してまず出合ったのが、菊のような華やかな花ではなくて、庭の隅にしずかに咲く石蕗の花であったのは偶然であったかもしれない。しかしその花との出合いが、作者にとって詩的必然であったことが分かる。この句の「石蕗の花」は、他の花と変えることはできない。(山本洋子)』

作者大峯あきら(本名:顕)氏は、昭和4年(1929)生まれ。中期フィヒテ研究、西田幾多郎研究者として知られる哲学者であり、大阪大学名誉教授でもある。
  若き日の母の思ひ出漱石忌
  村々につちふつてゐる大和かな
等の作もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »