« 計算尺 | トップページ | 石蕗の花 »

2008年10月22日 (水)

佐鳴湖畔の蘆刈り

浜松市の一角にある佐鳴湖。その湖畔のを22日の9時から地元の佐鳴台小学校5年生140名全員が揃って刈った。
引率の先生に依れば、総合的学習時間の一環として「見つめよう私たちの佐鳴湖」をテーマに、自然環境に親しむ一環として行っているそうである。
佐鳴台小学校は転出入が激しい学校で、児童同士の連帯の一環にもなっているようで、異国の人のお子さんらしい児童も混じっている。
Photo
最初に係りの市の担当者から作業上の注意があってから始まる。刈る人、運ぶ人、束ねる人の役割を決め、途中で休憩を取るたびに役目が代わるように組織だった行動になっている。
Img_52631_3
Photo_2      

慣れない手つきながら一所懸命に刈り、受け取り、束ねて行く姿は微笑ましい。足元は水のあるところ、無いところもあり気をつけて刈る。Img_52871_2  

刈り進んで湖辺の柵が見えると眼前に湖が開けてくる。
引率の先生が声をかける。「未来が見えるようでしょう
良い言葉だ、未来が見えてくる。感じ易い年代の児童には特に響く言葉であろう。
先生に依ると、「この年代の児童の頭の中には今日の蘆刈りが確りと焼きついて、生長してもその記憶が鮮明に蘇るようです」と説明してくれた。
Img_5283
刈られた蘆はトラックで運ばれる。
近所の茶畑に運ばれ、畝間に敷かれたり、或いは動物園の象の餌にも使われるとのことである。

昔のように蘆葺家が殆どなくなったので、刈った蘆の使い方も変ったと、来ていたお年寄りが話していた。

|

« 計算尺 | トップページ | 石蕗の花 »

コメント

以前、「蘆刈り」の記事を拝見して懐かしく、コメントさせて頂きましたが今度は可愛い子供さんの蘆刈りの模様を拝見して再度コメントさせて頂きます。
自然に生えた蘆でしょうが、教育の一環としての蘆刈りは子供さんの良い記憶として残るでしょう。先生の「未来が見える」と言う言葉が素晴らしいですね。

投稿: さち | 2008年10月22日 (水) 16時56分

さち様 コメント有難う御座います。
本文を読んだ知人から、遠州七不思議の一つと言われる「片葉の蘆」もその辺に自生しているのではないかと電話での問い合わせがあったが、私は不勉強で良く判らないので、時を得て古老に聞いてみようと思います。
今日の学童による蘆刈りは、見ていて微笑ましく又、彼等にとっては記憶の中に色濃く格納されたことと思います。

投稿: Alps | 2008年10月22日 (水) 20時14分

芦刈!!取材要請があってのお出かけ?
それとも
 
 また一人遠くの芦を刈りはじむ  素十
吟行にいかれての遭遇、来月の作品たのしみに
            愃平

投稿: syoudou | 2008年10月26日 (日) 15時53分

syoudouさま
久しぶりにコメント有難う御座います。
22日の朝、人を駅へ送って行く直前、TVで偶々今日の9時から蘆刈りをすると聞いたので、駅からの帰途直接佐鳴湖へ廻ったところjust in timeで始まる所でした。
慣れない手つきで刈っている児童を、若い先生が励ましながら一緒に刈ったり目を配ったり、質問に答えて頂いたり、偶然に知った蘆刈りでしたが中々良い光景に出くわしました。

投稿: Alps | 2008年10月27日 (月) 07時53分

syoudouさま
言い忘れたが、「11月8日、同じ佐鳴湖の南岸で、本格的な蘆刈りをする」と、市の担当者から聞きました。
是非お出掛けになって見たら如何ですか。

投稿: Alps | 2008年10月27日 (月) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/42868803

この記事へのトラックバック一覧です: 佐鳴湖畔の蘆刈り:

« 計算尺 | トップページ | 石蕗の花 »