« 上醍醐寺 | トップページ | 懐かしきもの »

2008年8月29日 (金)

佐鳴湖

浜松市の西南方に佐鳴湖(さなるこ)がある。
東西600m、南北2.2Km、周囲7Km、面積119ha、水深2m。
三方原台地の水を集め浜名湖に注ぐ谷川が沖積期(約1万年前)に、南端に打ち寄せた砂州によって出口が塞がれて出来た自然湖で、現在は浜名湖と佐鳴川(入野川)で結ばれている。佐鳴湖周辺は風景明媚なので多くの郷土史家、歌人、俳人、画家等が訪れ、賀茂真淵や杉浦国頭等の短歌もある。
   小夜更けて松風高き山寺の
      月はうき代の塵も曇らず    真淵
   入江吹くあき風はやみ浪かけて
      萩のはさわし音そ身にしむ  国頭
Photo
江戸時代末期、入野の文学者・竹村広蔭(ひろかげ)は、その風景に感動し、近江八景にちなんで佐鳴八景と言って愛でた。佐鳴湖の、
 西側:太田の落雁大山の夜雨少林山の秋月
 東側:大良の暮雪三ツ山の晴嵐西湖山の晩鐘
 出口:北浦の帰帆大屋橋の夕照
の八景で、時代と共に周辺の風景も変ったが、当時の竹村の短歌には往時の景が蘇る。(後に昭和時代の歌人・高峰 博も八景を詠んでいるが今回は略。)

太田落雁  かき連ね落ちくる雁の玉づさの
         数も太田のよいのあけぼの
大山夜雨  夜の雨の晴れゆくままに吹く風の
         音にぞひびく大山の松
少林山秋月 影高くうき世はなれて照らすかな
          少林山の秋の夜の月
大良暮雪  払ひあへず重げに見えて見る人は
         大良の山の雪の夕暮
三ツ山晴嵐 山姫の晒せる布と三ツ山の
         あらしに寄する磯の白波
西湖山晩鐘 湖の山もほのかに見えねども
          かすみわけ来る入あいの鐘
北浦帰帆  真帆ひきて舟を並べてきほふなる
         北浦風の吹くにまかせて
大屋橋夕照 ひむがしの浜松の市過ぎ来たる
         夕日にわたるをちこちの人

歌詞は、佐鳴湖の東側台地上の老舗「佐鳴湖ホテル鳥善」の伊達善一郎氏の「佐鳴湖八景(昭和57年10月刊)」から主として引用した。

岸には一部に葦がびっしりと生え、湖を取り囲む台地にかけて坂がかる周囲は鬱蒼と木々が茂り、法師蝉が鳴き、遊歩道に遊んでいる鳥は人が近づいても殆ど逃げない。散策の人も釣をする人も、漕艇の学生もいて、近辺市民憩いの公園になっている。

|

« 上醍醐寺 | トップページ | 懐かしきもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/42318054

この記事へのトラックバック一覧です: 佐鳴湖:

« 上醍醐寺 | トップページ | 懐かしきもの »