« 別所線 | トップページ | 句集「戸隠第三」 »

2008年7月30日 (水)

山寺常山(2)

幕末時代、信州松代藩にあって、第八代藩主「真田幸貫」は、夙に名君として知られ後に老中職まで勤めた。その陰で幸貫を支えた、鎌原桐山佐久間象山山寺常山は、松代の三山と言われた傑物である。

過日信州へ行った時、久しぶりに川中島古戦場址(八幡原)を訪ねたが、「八幡社」や「三太刀七太刀之跡の碑」周辺は勿論、其処以南も広範囲にわたって見事に整備され、その一角に佐久間象山の銅像が新に建てられていた。

山寺常山に就いては既に記した様に、特に佐久間象山とは親友関係にあった。

私の生家は、山寺常山と姻戚だった関係からその肖像画が、座敷に他の写真と並べて飾られている。
Photo
当時の世情に就いて、前沢英雄著「佐久間象山の生涯」から要約すると、『米国はハリスを総領事として下田に駐留させ、安政5年(1858年)更に通商条約を幕府に迫った。この条約は片務協約といって所謂不平等条約であった。
幕府の老中堀田正睦も苦心の末勅許を願い出たが得られなかった。もはやハリスとの約束期限も過ぎていた。
これを知った象山は蟄居中の身も忘れ、長文の上申書を認め、藩主幸教の名を以って幕府に献策するよう藩老の同意を得て4月16日使者を江戸に送った。
上申書は4月21日、幸教の許に到着したが、意見する者があって結果的には幕府に上達されなかった。
やがて幕府は井伊直弼を大老に任じ6月19日、直弼は勅許を待たず日米通商条約に調印してしまった。
この条約で、象山の主張してきた横浜は開港されることになったが、象山は釈然としなかった。』とある。
この時、常山は好意を以って象山援護の書を幕府要人に送り届けたが何故か象山は喜ばず、却ってこれが原因となって両人は袂を分かつ事になった。最後まで両雄の友情の保てなかった事は至極残念の極みである。

山寺常山の生涯に就いては、前記「山寺常山」に詳しいが、一方象山の最後も人のよく知る所である。

|

« 別所線 | トップページ | 句集「戸隠第三」 »

コメント

親友であった山寺常山と佐久間象山とが晩年に仲違いをしたとは聞いていたが、その経緯を今回初めて教えてもらいました。 藩主幸貫でさえ、その偉さを認める一方で「難物」と評した象山らしいと思いました。
肖像画から伝わる常山の人柄は、見識のある威圧感とともに、象山とは逆に円満な懐の深さを感じます。
名君・幸貫と、松代三山と、何万人に一人という人材が4人も、狭い土地に、時を同じくして現われたことは奇跡にも思うが、改めて考えてみると、洋の東西を問わず、この様なことが数多くあるのは、面白い。

投稿: Y.K. | 2008年8月 1日 (金) 06時38分

幕末の大変動期にあって、志ある者にとっては特に、自分の意図するところと世の中の推移とが一致しない事に気持の苛立ちがあったことは否めない。
松代の三山という傑物が揃ったのも、幸貫という名君と共にそんな時期であり、救国という大目標を共有した事がそのような人物を輩出した背景にあったこともあわせて感じる。
信州にこのような人物がいたことは誇っていい事と思う。

投稿: Alps | 2008年8月 1日 (金) 08時16分

山寺常山に関する前回のエントリーにシツモンを入れておいたのが、少し時間は掛かったが(2年になる)、今回、回答を頂いて、有り難く思います。 それで前回の話の前段に触れていただいた私の記事を再度、こちらにもTB差せて頂きました。
常山=象山、の経緯よりも、この肖像画の素晴らしさが感動です。 最近の日本には見られなくなった{風圧を感じさせる}人物です。

投稿: 佐久間象川 | 2008年8月 2日 (土) 17時03分

最近のNHK大河ドラマ「篤姫」で丁度井伊直弼が登場する段になって、思い出して書いたように見えるが、実はそれとは関係が無い。
偶々墓参をかねて過日生家へ帰った時に、あの肖像画を見て、前回のご質問にお答えも兼ねて書いたもの。ただご質問に対する回答時間の経ちすぎは、言い訳にはならぬがうっかりしていたという所が本音ですが、何とか今回で恰好がついて良かった。
それに肖像画に就いてのご意見は生家の兄にも伝えておきます。

投稿: Alps | 2008年8月 2日 (土) 21時30分

はじめまして。山寺常山を調べていて辿り着きました。私は塩野李彦の曾孫です。よって山寺常山は5代前の先祖になりますでしょうか。こちらのブログで初めて山寺常山の肖像画を拝見し感無量です。
李彦の息子である祖父は数年前に他界しましたが、もっといろいろな話を聞いておけば良かったと、今更ながら残念に思っています。
個人的になってしまいますが、また山寺常山の情報をアップしてください。

投稿: SHION | 2014年10月23日 (木) 00時12分

こんにちは。以前もコメントし、お返事をいただきまして、ありがとうございました。上田市の図書館で「山寺常山小伝」(昭和15年早川春信著)という本を見つけまして、それによると常山の晩年にお世話をした「おきく」さんという方がいたようです。著者は「おきく」さんの甥にあたります。その本には、常山が再婚したとは書いてなかったのですが。
ブログに「山寺常山の許へ後妻として嫁いだのが私の父方の祖父の妹であり」とあるのは、もしかしたら「おきく」さんなのでしょうか?

投稿: 川中島 | 2014年10月26日 (日) 12時40分

SHION様 コメント有難う御座います。
塩野季彦氏の曾孫に当たられる由、何かのご縁と心温まる想いが致します。
今は私の父母も、兄も他界してこの辺の事情を知る人が居なくなってしまい、もう少し詳しく聞いておけば良かったとの想いは同じです。

投稿: Alps | 2014年10月28日 (火) 19時11分

川中島様 コメント有難う御座います。
貴コメントにある早川春信は私の叔父になります。つまり私の父の弟でありますが、叔父にそのような著作の有るのを初めて知りました。
私の聞いている早川家と山寺家との関係は、私の父や兄から聞いたもので、叔父から聞いた事がないので確かなことは判りませんがなんにしても、私からは残念ながら今はなんともお答えできないというのが本当の所です。

投稿: Alps | 2014年10月28日 (火) 20時25分

お返事ありがとうございます。上田市に行く機会がありましたら、図書館でごらんになってください。

投稿: 川中島 | 2014年10月29日 (水) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/42003705

この記事へのトラックバック一覧です: 山寺常山(2):

» 「人間の評価」に就いて(1)救国の人 [佐久間象川]
人間の評価というものは、事件の現場に居合わせた人の眼で見ても、また歴史家の手を経ても尚、正鵠は期し難いものである。 私の見解では、人類の歩みに本当に素晴らしい寄与をした人々は、名を残す事にすら拘らなかった。 唯、本人と神との対話の中で己の生き様を決めて行ったように思えてならない。 然し遺された者の務めとしては、真っ当な評価を贈るのが務めだと思うのである。... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 16時43分

« 別所線 | トップページ | 句集「戸隠第三」 »