« 文化遺産 | トップページ | 句集「たびごころ」 »

2008年5月14日 (水)

国盗り綱引き合戦

長野県南信濃村(現飯田市)と静岡県水窪町(現浜松市)との境に兵越峠(ひょうごしとうげ)という信州と遠州の国境がある。
Photo
此処にはこのような国境を示す看板が建っている。この国境は行政上の区分ではなく領土をかけて戦う「峠の国盗り綱引き合戦」によって、勝った方が負けたほうの領土に1mだけ領土を広げるというルールである。
1987年から始まって水窪側の10勝11敗という成績になっている。数字上は好勝負だが遠州軍側から見ると一度も信州領内に食い入ったことがない。

綱取合戦の発端は商工会青年部同士のレクリエーション。アドバイザーに迎えた加藤伸幸さんという人が領地を奪い合うというアイデアを提供してくれたことによる。
1
上記綱引きの写真は、靜岡新聞記事から引用したもので、綱引き合戦は毎年10月の第4日曜日に行われる。昔武田軍がこの峠を越して信州に攻め入った所であり歴史の息づいている峠でもあるが兎に角狭い。それだけに当日は交通整理が大変のようだ。

兎角乾いた話しかない現代にこのようなロマンのある話があるのも楽しいし、地域の活性化と歴史を学ぶ機会にもなる。

|

« 文化遺産 | トップページ | 句集「たびごころ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/41203866

この記事へのトラックバック一覧です: 国盗り綱引き合戦:

« 文化遺産 | トップページ | 句集「たびごころ」 »