« 都田の桜並木 | トップページ | 一文字の意味 »

2008年4月30日 (水)

長野県立歴史館

私は長野市郊外の杏の花で全国的にも有名な農村に生れた。今は長野市になっている。
私の子供時代は4月ともなれば一村は杏の花に埋まり屋根は花に浮いたように見える。全国から画家が集まってきてあちこちの辻に画架を据えて絵を描いていた。しかし今は村の中を新幹線が走り、農地は住宅地に変貌し杏の姿は掻き消え、出現した団地の名前に杏花台という名前があって辛うじて杏の花の名残を留めている。

そんな事もあって杏の花というと強い郷愁を感じる。所でもう一箇所、長野市に近い千曲市に「あんずの里」と呼ばれる杏で有名な森という集落がある。
杏の花はいつも4月の18日頃を中心に咲くのが普通。
1 22日に確かめもせずに森へ杏の花を見に出かけたが今年は何時もの年より10日も早く咲いてしまったとかで行った時には一花も見ることが出来ず、蘂だけが残っていた。残念。
その集落の中に「あんずの里工場」があってジャム等の加工をして全国へ発送している。杏のソフトクリームをご馳走になって帰って来た(写真はクリックで拡大します)。

其処を出て真近に「長野県立歴史館」がある。1994年11月3日にオープンして現在に至っているが、信州はヴェルム氷河期のナウマン象と野尻湖人の暮らしから始まって現在にいたる3万年の歴史があり、その間の無数ともいえる資料の中から厳選された資料が展示されている。
1_2 原始・古代・中世・近世・近現代の5つの時代区分に従って主要なテーマの重点展示をしている。
又、歴史的なトピックが理解できるような工夫を凝らして、所謂周辺展示をしていると歴史館では言っていた。
所蔵資料が豊富で、保存上の必要もあって時折り展示替をしているので全資料を同時に見学は出来ないので展示替の時期と内容を確認して行く必要がある。
1_3 歴史館の上方には「科野(しなの)のクニ・森将軍塚古墳」を望見出来る。
・先土器時代のナウマン象(レプリカ)と黒曜石
・縄文時代の土器や石斧、土偶、装飾品等々
・縄文時代の住居や衣類、各種石類等々
・弥生時代の農具、石器、銅器、勾玉等々
・古墳時代の文鏡、勾玉、金銀銅環、装身具等々
・飛鳥時代の木簡や国印等々
・平安時代の土器や通宝、陶磁器、鉄鏃等々
・以下、鎌倉、室町、戦国、各時代を経て現代に至るまでの諸物がぎっしりと展示されその内容の濃さと範囲の広さ・深さに圧倒された。
見終わって些か疲れた。

ところがその展示品の中に思わぬものを見つけた。
1_4
明治時代のヤマハ・オルガンである。燭台付きのオルガンで「静岡県・真島ふみ氏寄贈」としてあった。最初、ブランド名がはっきりしないので係りの女性に尋ねたら親切に調べてくれてヤマハのオルガンである事を確認した。大正初期のヤマハ・オルガンを九州の旅先で見つけた時にも似た感動を覚えた。

ヤマハの創業は1887年(明治20年)11月で、オルガンの製造が発端であるから明治のオルガンといったら極初期の製品であることに間違いはない。
オルガン・リードの自動調律機の設計などをしたことのある私にとっては身近な楽器でもあったオルガン、それも明治のオルガンとあっては、先輩たちの苦労の跡も偲ばれて想いを深くした。

杏の花は見損なったが、それを償って余りあるものを見ることが出来て感動した。

|

« 都田の桜並木 | トップページ | 一文字の意味 »

コメント

長野県立歴史観へは久しく行っていないが、以前にもAlpsさんのブログで写真を見せて頂いた記憶がある。
私は、このオルガンは見ていないと思うので感動。 念のために、「真島ふみ」さんという方の情報が得られないかと思って、検索エンジンに掛けたら、矢張り情報は得られなかったが、このAlpsさんのブログの中の、「真島ふみ」さんの記述を含む部分の文章が飛び出してきて吃驚。 長野にご縁のある方なのでしょうね。

投稿: 二人のピアニスト | 2008年5月 1日 (木) 04時20分

人が感動する時は、自分にとって関わり深い人や物や経験や文章…に出会ったとき、それを核として水輪が広がって行く様に拡がってゆく。足踏みオルガンなどはとっくに姿を消してしまった代物だがそれでもこんな場所でこんな形で出会うと感動する。
感動出来る間はまだまだ人生捨てたものではないなと思ったりします。

投稿: Alps | 2008年5月 1日 (木) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/41041326

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県立歴史館:

« 都田の桜並木 | トップページ | 一文字の意味 »