« アルト ハイデルベルク | トップページ | 教師、生徒とその父 »

2008年2月29日 (金)

企業と経営者

企業は経営者の姿勢によって大きく変る
最近は企業利益を追求する姿ばかりが目に付く。勿論企業は適正な利潤を上げなければ存続できない事は自明のことだが、経営者にがなければ、顧客指向がなければ、当然の事ながらコスト意識がなければならない。

旧聞に属するが私の経験した事例の一つをご紹介する。

Y社でエレクトーンの生産を担当していた時、品質の3指示事項の内の一つは、最終出荷検査まで含めて工程内で「同期外れ」が出た時は遅滞なく報告する事を義務付けていた。同期外れとは何らかの理由から音程が乱れてしまう現象を言う。
夏の或る日一台発生した。直ちに出荷を停止して原因の究明をした。その結果判ったのは、使われていたT社の抵抗の一本がオープンしていた事が判った。直ちにT社に連絡をとり原因の究明を求めると共に、T社に出かけた。T社での会議中も、私はT社の社長を始め役員の取り組み姿勢に真剣さを感じていた。以後T社の抵抗に問題が出たことはなかった。

写真はその当時生産していたエレクトーンの一種類である。親板を含め木製外装に包まれ、スピーカーも内蔵しているもので、現在のそれと比べると随分重厚感のある商品だった。
其の後T社を再度訪問した時、私は眼を疑った。
Photo_2 工場へ一歩足を踏み入れてこの前と別の会社に来てしまったような錯覚に陥った。
その一つは、従業員の作業服がガラリと変わっていた事である。聞けば当時有名なデザイナーに依頼して新しく作った作業服だそうでスマートな形とスッキリした色合いに驚いた。黙っていればそれを出勤時や退勤時に着用するので、作業時以外の着用は禁止したという。
二番目は床や作業台が見違えるようにきれいになったことである。それには裏がある。作業服を変えると共に、それまでつけていた手首から肘までの腕カバーの使用を禁止した。だから従業員はそのスマートな作業衣の袖を含めて汚さないように、自発的に各自の作業台を雑巾掛けするようになり、あわせて床の掃除までするようになったという。
更に誤って作業台から落としてしまった抵抗を拾うことはそれまでも禁止していたが、以後は厳禁した。抵抗にはカラーコードと呼ばれる識別記号が付けられているが、一寸見には同じように見えるものでも良く見るとカラーコードが異なっているものがあったりする可能性があるので、その混在する危険性を完全に除去した。

5Sなどといって仰々しく言うのではなく、5Sが黙っていても守られる仕組みを社長が率先して考案し実施し、結果として顧客に品質を保障したことになる。これは私の目に付いた事だけを取り上げたものだが、此処まで真剣に取り組む程だから他は押して知るべしである。
後で聞くところに依ると抵抗一本のオープンを取り上げて即行動を起したY社の早さに応える為に全力を挙げたとのこと。それを聞いて私はこの社長のいる会社は将来発展する会社であろうと思った。

当時のT社は、2部にも上場されていない京都の一企業でしかなかった。其の後T社は、半導体分野に進出し業績を伸ばし、名前もR社と変更し今は1部上場の超優良企業になっている。
矢張り社長の経営姿勢がそのような結果となったと思う。実は私は其の後同社を訪問する機会がないが、企業と経営者の姿勢を強く感じている一例である。

(蛇足ながら今日は、4年に1度の閏日)

|

« アルト ハイデルベルク | トップページ | 教師、生徒とその父 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/40312764

この記事へのトラックバック一覧です: 企業と経営者:

» 「官僚の不作為」も犯罪に [佐久間象川]
薬害エイズ事件の刑事裁判が、2008/3/3の最高裁の決定で全て終了した。 キャズ君が、   ▲ 薬害エイズ事件の判決 に書いているたので、裁判については私は何も付け加えることはない。 [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 20時21分

« アルト ハイデルベルク | トップページ | 教師、生徒とその父 »