« 再び蘇民将来 | トップページ | 蘆刈り »

2008年1月31日 (木)

祖霊息づく千枚田

1月早々に、冬枯れの千枚田を見たくて、愛知県新城市鳳来地区の北端、鞍掛山麓近くに広がっている千枚田を訪れた。1999年に「日本の棚田百選」に選ばれ、2005年には「第11回棚田サミット」が開催された場所でもある。
事実1971年、休耕施策が施行されるまでは1296枚の田圃が作られていた。其の後、減反施策と高度経済成長に伴って都市への労働力移行から休耕田化が加速した。
Photo
千枚田の歴史は古く、江戸時代には千枚田としての形態が整っていたと言われる。

今から百余年前の明治37年(1904)7月10日、梅雨時の長雨と紀伊半島に上陸した雨台風で山崩れが起こり、死者11人を出す大惨事をもたらした。沢沿いの棚田は壊滅したが、先人たちは、この不幸にもめげず約5年掛けて鍬とモッコで棚田復興に全力を注ぎ堅牢な石積みの棚田を蘇らせた。

千枚田は一枚の平均面積が90平方メートルと狭く、小さな機械を入れるのも一苦労。手植えのところも数多く、稲を背板で運ぶ苦労を強いられている。それに追い討ちをかけるように高齢化が進んでいる。 そこで1997年に農家の有志が集まり、「鞍掛山麓千枚田保存会」が発足した。
Photo_6
山の傾斜地に作られた千枚田は、そのあぜや石垣によって大雨の際の土壌浸食を防ぎ、またその保水機能によって調整池の役割を果たし、水が一気に流水するのを抑える災害防止機能を備えている。
更に常に水をたたえて豊かな緑を育む田は、様々な動植物にも生息空間を提供している。

高齢化、採算性、獣被害・・・の問題が千枚田の維持管理に深刻な影を落としている。休耕田が増えてきたのは前述の通りだが、鞍掛山から流れ出る沢水は複雑な水路網を通して下へと流れていくので、休耕田の位置によってはそこから下の田圃数枚に水が行かなくなり、連鎖的に休耕田になってしまうということもあり得ると言う。かてて加えて最近では、獣被害が深刻な問題になっている。

今、この血と汗の辛苦を地域の人々は風化させることなく、先人の残した偉大な財産を使命感を持って守り続けている姿には頭が下がる。
Photo_5
野面積みされた石垣は山裾から山頂に向かって延々と築かれ、先人の労苦の跡を垣間見る想いがする。

土地人の自然に対する畏敬と感謝の気持は石垣の中に組み込まれている「田の神」を祀る姿にも表れている。石垣の所々に石神がひっそりと祀られているのは印象的である。

このような石垣を築き棚田を守ってきた先人の苦労を思うと飽食の時代との対比について、割り切れない切なさと、当時はこれだけでも生計を立っていけた慎ましい時代だったのかとの想いも過ぎるが思い過ごしであろうか。
Photo_4 千枚田群の中を今は車の通れる道がある。其処から更に山に向かって畦道を上って行くと、「勅撰歌碑」と書かれた杭がひっそりと立っている。
岩に刻まれたその歌詞は「鞍掛山(くらかけ)の水ひく丘の千枚田云々 山本太一歌」と書かれているのがかすかに読める。

歴史的文化遺産・資源として、また環境保全の場としても残して行きたいところであるが、地元の人のご苦労を思い、政治として何が出来るかを考える時ではないかと切に思った。(文中一部ネット情報引用)。

(千枚田を訪れて、ふと3年前に訪れた下栗(しもぐり)の里を思い出した。)

1月早々というのに一部には冬耕の跡が見られる。

  ひつじ田にしぐるるときの音もなし 長谷川浪々子

|

« 再び蘇民将来 | トップページ | 蘆刈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/17910264

この記事へのトラックバック一覧です: 祖霊息づく千枚田:

« 再び蘇民将来 | トップページ | 蘆刈り »