« 信濃いま | トップページ | 初電車 »

2007年12月31日 (月)

亥年から子年へ

今年も愈々押し詰まった。今年の世相を漢字一文字で表現すると「偽」と言う。言い得て妙である。
 「あのねえ どんなに上手なべんかいをしてもね べんかいは やっぱり べんかいなんだよなあ(みつを)」
 「花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根はみえねんだよなあ(みつを)」
(花ならいいが現実は…)、そう、根は見えないし、深いんだよねえ。

そんな年も間もなく終る。毎年末にはご懇意にしているお寺の住職の特注品の酒器が届く。
1

干支の亥から子へ替る。頂いた酒器は今年酒で満たされている。中味は別として、酒器は来年一年間は床の間を飾る。
酒器の作者は例年の通り、上田和弘(彩煌)氏。来る年は、良い年にしたいもの。

NHK紅白歌合戦が始まったようだ。紅白歌合戦に就いて俳人、相生垣瓜人(あいおいがき かじん)に次の句がある。

  年の夜の聞くに堪へざる鄭聲や   瓜人

鄭聲(ていせい)は野卑な音楽の意。除夜に就いて他に瓜人の句に、

  漆黒の除夜のみ嘗て記憶せり 
  恍として撞くらむ除夜の鐘聞こゆ
  年の夜に聞き納むべきバッハあり

がある。百合山羽公(うこう)の句に、

  除夜の鐘先づはわが世に響きけり

がある。皆様、良い年をお迎え下さい。

|

« 信濃いま | トップページ | 初電車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/17494246

この記事へのトラックバック一覧です: 亥年から子年へ:

« 信濃いま | トップページ | 初電車 »