« 安曇野の山葵田(わさびだ) | トップページ | 或る出会い »

2007年11月22日 (木)

霜月末

過日、友人達と南知多の先端に近い「山海」を日帰りで訪れた。南知多道路を南下し、山海I.C.を出て海岸通り(国道#247)に出た所の「源氏香(げんじこう)」という聞きなれない名前のホテルで入浴・会食をする。
「源氏香とは、江戸時代中期に成立した5種の組香の事で、組み合わせ数が源氏物語の巻数と重なる事からその名がついた」と、ホテルの説明にはあった。温泉郷とあって入浴や海の幸料理も堪能出来た。

海岸付近を散策する。海に流入する「山海川」に架かる「乃野橋」に隣接して防潮水門がある。扉体には透視画法で海側は「希望の未来」を山側は「広がりの展望」を表現していると説明されている。(写真は山側)
1_2 
夏は海水浴場になるこの浜は、今はひっそりと静まり返っている。左の方はるかに伊良湖岬とその先に篠島が見える。
1_4
海浜をご婦人が一人歩いている。声をかけてみたらご主人と泊りに来ていて「主人は今、釣をしています。私は流木を探している所です」とのこと。生花にオブジェとして使うのだそうである。
1_3
1jpg
防潮水門の横に突堤が海に突き出ている。先端まで歩いてみた。波消しブロックの上で釣を楽しんでいる人が居た。大方先の話の人であろう。何が釣れるかと聞いてみたら「眼張(めばる)」と言う。因みに眼張は春の季語になっている。
名古屋港に近いのでタンカーを始め諸船が頻繁に沖を通る。

私はタンカーを望見して、嘗ての朦艟(もうどう)を想い起していた。戦中派の性(さが)とでも言うべきか。朦艟と言っても判らない人が多いと思うが、簡単に言えば「いくさぶね」の事である。
   十二月八日還らぬ兄二人   民江
は、今月の句会で投句した女流の作であるが、彼女は三人兄妹であったが、「兄二人が先の戦争で戦死し、私の人生も変りました」と涙ぐむ。彼女にとっては今も戦後は引き続いている。
12月8日が近くなった。と言ってもその日を知らぬ子供も増えていると聞く。教科書などでも先の戦争に絡む話が、何度となく問題になるが、語り継ぐべき所は、しっかりと継承して行かなければならない。

山海から少し北に「野間大坊」と「杉本美術館」がある。今回は杉本美術館だけ見学して帰った。

|

« 安曇野の山葵田(わさびだ) | トップページ | 或る出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/17150366

この記事へのトラックバック一覧です: 霜月末:

» ブログ炎上の星野奈津子、実は以前にもトラブル!?スタッフが揉み消した動画を入手 [ブログ炎上の星野奈津子、実は以前にもトラブル!?スタッフが揉み消した動画を入手]
「時効警察」などに出演していた星野奈津子(20)の所属事務所は星野が自身の公式ブログで不適切な発言をしたとし1年間の活動停止処分としたと発表。だが星野奈津子実は以前にもトラブルを起こしスタッフに冷や汗を書かせたのはご存知でしょうか? [続きを読む]

受信: 2007年11月22日 (木) 11時39分

« 安曇野の山葵田(わさびだ) | トップページ | 或る出会い »