« 窪寺城 | トップページ | 侠気 »

2007年10月29日 (月)

句集「いのちなが」

俳誌「白魚火(しらをび)」の同人会長である鈴木三都夫さんから句集「いのちなが」を頂いた。
『第二の人生を故郷で送るようになってからは大勢の俳句仲間と、すばらしい日本の自然や文化に触れながら、文字通り俳句三昧の日々が送れて今日あることに感謝し、句集名を「いのちなが(寿)」とした。俳句というものの底知れぬ魅力に憑かれながら、一日でも長く、一句でも多く詠み続けたいことを願っての題名でもある。』と、句集の命名経緯をあとがきに記している。

Photo_3 句集は昭和59年から平成19年までの24年間の「白魚火」「若葉」に入選した作品から自選した400句が収録されている。
句集の構成は、曝書(昭和59年~63年)・牡丹(平成元年~5年)・涅槃絵(平成6年~10年)・去年今年(平成11年~15年)・躑躅の賀(平成16年~19年)の各章から成り、円満なお人柄がそのまま句にも反映されていて一読素晴らしい句集である。

私の好きな句を取り上げて見る。
自然に親しむ日常生活を端的に詠まれ、
   躑躅山分け入る径も自づから(氏の句碑)
   櫻散る咲くときよりも美しく
   風紋も浜昼顔も踏むまじく
   山門に縁台を置く牡丹かな
   風鎮を畳へ余す涅槃絵図
   前山に日の移り来し紅葉かな
   有明の月の残れるほととぎす
   沖へ出ていよよ細かき鱗雲
   睡蓮の開ききれざる返り花
   七堂伽藍日当りながら時雨けり
   揚雲雀落つる高さにとどまれる
   けぶらうてどの木ともなき芽吹きかな
   草庵の名もなき草も月のころ
   うたかたの華と褪せゆく曼珠沙華
生活実感や人生への想いも深く、
   一芽づつ摘んで茶籠へ溢れし芽
   茶祖像のみそなはしゐる茶の芽摘む
   去年今年重ねて喜寿も須臾の間に
   初詣わが八十の男坂
   躑躅山句碑十歳のつつじの賀
   やり直しきかぬ一生蝌蚪生るる
母上や人生経験も踏まえて
   ぼろぼろの母の歳時記曝しけり
   独りぼつちの母の句碑へも彼岸供華
   母の日は仏間の母と居ることに
   曝す書に青函連絡船史かな
   アルプスの雪なほ尖る桑解く
   フェリー着く翠巒の島引き寄せて
   地吹雪の稜線乱す薩摩富士
   雪吊の雪の重さをまだ知らず

私たちと同時代を生きてきた人の心情が率直に詠われていて、親近感があり、仄々とした読後感を頂いた。
今後益々ご健康でご活躍されることを願っています。

|

« 窪寺城 | トップページ | 侠気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/16900321

この記事へのトラックバック一覧です: 句集「いのちなが」:

« 窪寺城 | トップページ | 侠気 »