« 幾山河 | トップページ | 砥石城 »

2007年9月28日 (金)

故郷の秋祭り

人はみな故郷を持っている。故郷を離れて何十年経っても人は、嬉しいにつけ哀しいにつけ故郷を想う。

私が幼かった時分は、母に手を引かれて産土神社の秋祭りに行った。
長じてからは母の手を引いて秋祭りに行った(故郷を出てからも年に一度は墓参を兼ねて帰郷していて、たまさか帰郷した時、秋祭りに合致した時の話であるが)。
それだけに、故郷を離れてからも、幼い時から親しんできた秋祭りの記憶は鮮明に残っている。神楽囃子、獅子舞、花火等は聞いても見ても未だに心が躍る。

私の故郷の産土神社は長野市安茂里(旧安茂里村)の「犀川神社」。毎年9月21日には、秋祭りが行われる。最近は祭りの日を日曜日や祭日に変更する例が多いが、犀川神社の祭りは伝統を守って9月21日を変えない。

犀川神社の太々神楽は、長野市の無形文化財に指定されている。奉納される神楽獅子舞は、伊勢代神楽獅子舞系に属し、御神楽と獅子舞とによって形成されている。天保14年(1843)の松代藩への届出文書に依ると、宝暦3年(1753)頃には既に実施していたとされているので、250年以上の歴史を持っていることになり(関連資料に依る)、伝統と格式を重んじている神楽である。神楽囃子の笛の調べも、太鼓の打ち方も、間(あい)の歌も全て作法が決まっていて一糸乱れない。それを親から子へ、子から孫へと受け継いでいる。

今年は9月17日に故郷へ帰った。その夜、懐かしい神楽囃子が何処からとなく聞えてきた。祭りの日が近づいているので練習をしているに相違ない。家の兄と一緒に練習風景を見に行った。大日堂と呼ばれる、お堂を兼ねた公会堂へ行って見ると今将に練習の最中だった。練習中の、笛も太鼓も獅子舞も、知らない顔ばかり。しかし兄からあれはAさんの息子さんとか、Bさんのお孫さんとか聞くと途端に身近な人になる。Photo

太鼓は、大太鼓・締め太鼓・小太鼓と三種類があって夫々の笛の音にあわせて打ち分けられる。当日の練習は大太鼓と締め太鼓だった(写真)。

は(写真)、神楽が出発直前の時、神社に向かって進んでいる時、社前で獅子舞を奉納している時、神社から帰る時、帰りついた時の調べと分かれており、聞いただけで神楽の位置が判る。
Photo_2 遠くからだと、笛の音より先に、太鼓の音がまづ聞えてくる。然しその太鼓の打ち方で矢張り神楽が今どんな位置に居るかが判る。笛の音が聞えてくるともっとはっきりする。
又、獅子舞の曲だと今どの辺を舞っているのかも推定出来る。要はそれ程伝統的に一糸乱れず継承されていると言う事であろう。

Photo_3
Photo_4
9月21日の祭り当日には、小西・大門・差出組の神楽三台が境内に並び、獅子舞は「三番叟」の奉納から始まる。この三番叟は代々小西組が(宮前の地と言うことから)担当する事になっている。
ついで三人立ち(獅子頭に1、母呂に2)の「長母呂」、続いて「曲獅子」が三組揃って演じられる。写真上は長母呂の練習風景。
Photo_5
尚、三番叟は、神楽獅子舞と能楽の「翁(おきな)」の白尉(はくじょう)とが結びついて完成された神楽獅子舞三番叟である。写真は1995年の祭り当日のもの。当然今も全く同じいでたちで同じ舞を奉納している。舞手は一人立ちで長袖朱色の襦袢を着て裾を端折り、浅黄色の股引に白足袋を履き、獅子頭をかぶり右手に鈴、左手には扇を持ち囃子にあわせて重々しく舞い始める。

神楽囃子には、三番叟・長母呂・曲獅子のほか勇(いさむ)・角付け(かどつけ)・寄せ・片拍子・乱れ拍子・丸拍子・かんから獅子・新拍子等々があり、それに合わせた太鼓と独特の間(あい)の歌が入り、獅子舞が奉納される。

練習も終盤になった。名残惜しかったが余韻を胸に帰宅した。

|

« 幾山河 | トップページ | 砥石城 »

コメント

思い出に祭をお持ちでいいですね、村落共同体の中心としての祭、私にはそのような想い出がありません。夜店のある祭、アセチレン灯の臭気は思い出しますが、共同体の作業場として祭りの経験はありません。
 小学校の時は鎮守様は牛込の津久戸神社、江戸時代からの神社なので、何かあつたのでしょうが覚えていません。今はビル街に変つて面影なし、つい先日まで本籍地としていましたが。

投稿: 尚童 | 2007年10月 4日 (木) 20時31分

尚童さま 色々の事情から住所があちこちと変った人も居るでしょうね。そのようなご事情の方でも、それでも故郷と言える所を持っているのではないかと書こうと思っていたのですがそれは文中では略しました。
故郷の祭りでも色々のしきたりや催し物があって、所夫々でしょうが、尚童さんの故郷の祭り風景、夜店やアセチレン臭も又心の中に生き続けている風景でしょうね。
子供時代の風景がガラリと変わって面影も残っていないのは世の趨勢とは言いながら、少し寂しい気もします。残しておいて欲しかったと思うのは、そのような場所や地名もありますが、今の人はそのようなものをどのように考えているのでしょうか。日本橋界隈の原風景などもその一例でしょうか。

投稿: Alps | 2007年10月 5日 (金) 07時33分

”日本の音楽界”の記事を「Music siren:2005/12/29」にトラックバックしようと何度か試みたのだが、うまく入りません。
内容的に離れていますが、こちらに送ります。

私の生まれ育ったのは、長野でも新市内で、犀川神社のようなわけには行かないが、秋祭りは愉しかった。 子供や孫達には、あのような思い出をのこしてやれないのが残念です。

投稿: 二人のピアニスト | 2007年10月 6日 (土) 02時15分

二人のピアニストさま
ご生誕地(長野市新市内)の秋祭りには、幼い頃からの思い出が沢山残っているでしょう。矢張り愉しかった思い出は大きくなっても消えないものの一つでしょうか。
安茂里の秋祭りの内容は本文の通りですが、其処に育って居ない子供達にとっては、何度見ても、親の感動とは違った感じ方となるのは当たり前の事。それでも折があれば、伝統の祭り風景を見せてやりたいものと思っています。
残しておきたいもの、残さなくても良いものと色々あるでしょうが、伝統的な祭り風景は残しておきたいものの一つです。

投稿: Alps | 2007年10月 6日 (土) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/16588383

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の秋祭り:

» 日本の音楽界と社交ダンス(3) [二人のピアニストに思う]
前の二回の記事で、「日本の音楽界と社交ダンス」という言葉を、演奏とか批評に限定した意味で用いてしまった。 ・ ・ ・が、も少し広く理解すると、話は別であることを、此処に補足する。 例えば、日本の楽器メーカーの健闘の一例として、ヤマハが作った『Music siren』は、高く評価される。... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 01時57分

» 祭り 伝えられる伝統と目に見えない神の力 [徒然日記]
昔から伝わる祭りには必ず意味があるものです。 一般に多いのが、秋の実りを神様に感謝するお祭り 私の住む村でも先日、秋祭りがありました。 その祭りと言うのが江戸時代からえられているとうりに毎年執り行われなければならないのです。 (事細かな言い伝えのとうりに..... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 09時40分

« 幾山河 | トップページ | 砥石城 »