« 大文字 | トップページ | 再度、無言館 »

2007年8月17日 (金)

遠州大念仏

7月、8月は新旧の盆月とあって、遠州地方では大念仏が各所で見られる。遠州大念仏は、無形民俗文化財にも指定され、遠州地方では「大念仏」は地方季語として認められている。 
浜松市ネットに依ると、『遠州大念仏は、遠州地方の郷土芸能のひとつで、初盆を迎えた家から依頼されますと、その家を訪れて庭先で大念仏を演じます。
 大念仏の団体は、必ずその家の手前で隊列を組み、統率責任者の頭先(かしらさき)の提灯を先頭にして、笛・太鼓・鉦(かね)の音に合わせて行進します。笛・太鼓・鉦(かね)・歌い手、そのほかもろもろの役を含めると30人を越す団体となります。
 大念仏の一行が初盆の庭先に入ると、太鼓を中心にして、その両側に双盤(そうばん)を置いて、音頭取りに合せて念仏やうたまくらを唱和します。そして、太鼓を勇ましく踊るようにして打ち鳴らし、初盆の家の供養を行います。
 江戸時代のもっとも盛んな時には、約280の村々で大念仏が行われていました。
 現在、約70の組が遠州大念仏保存会に所属し活動しています。
 また、現在も犀ヶ崖では、毎年7月15日に三方原合戦の死者の供養として、遠州大念仏が行われています。』と、あるように組織だった念仏集団で鉦や太鼓の音に合わせて「太鼓きり」と言われるように太鼓を切るように踊りながら叩く様はその歌枕と共に深い感動を催す。
Photo
Photo_2 今年はお付き合い頂いているお寺さんの初盆とあって、お伺いして近くで見ることが出来た。

矢張り祖先を敬い、初盆の霊を慰める行事として定着している感が強いが、このような雰囲気が段々失われている中で、このような行事は精神的にも周囲への影響も大きいだけに大切に残したいものの一つである。

|

« 大文字 | トップページ | 再度、無言館 »

コメント

ご先祖様が居て、現在の私が在る。 この様な想いが感性の根底にある私の様な老人は、今の若い人と、これ程に、その辺の感覚が違うのかと驚く事が時々有ります。
理屈を言って教えるのでなく、この様な行事が、今後もずっと継承されていく事を願っています。

投稿: 変人キャズ | 2007年8月18日 (土) 01時08分

変人キャズさま
コメント有難う御座います。年に一度のこのような行事は、普段忘れていた大事なこ事を思い出させる為の人の智恵かも知らないが、そのような行事があっても尚且つその意義に思い至らない人が増えつつあるのが実情でしょうね。だからこそ継承されていってほしいものと思っています。

投稿: Alps | 2007年8月18日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/16145234

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州大念仏:

« 大文字 | トップページ | 再度、無言館 »