« 土井晩翠像 | トップページ | 星月夜 »

2007年7月31日 (火)

みなづき賞

俳誌「海坂(うなさか)」の60周年記念出版として『百合山羽公全句集』と『相生垣瓜人全句集』が刊行されたことは既に記した通りである。

因みに今年の海坂8月号は第736号になる。俳誌としては極めて長い歴史を誇っているが、海坂の創刊時の主宰が俳句界最高の蛇笏賞作家である羽公(うこう)・瓜人(かじん)両氏の共宰と言う事を考えればさもありなんと思う。
Photo 写真上は百合山羽公、下は相生垣瓜人両氏である。
羽公全句集には、句集『春園』『故園』『寒雁(第8回蛇笏賞)』『楽土』『楽土以後』が、
瓜人全句集には、『微茫集』『明治草(第10回蛇笏賞)』『負暄』が、収められているのも前記の通りである。

Photo_2

これだけの句集を個人が収集するとしたら至難なことであろうし、それを網羅し整理し編集し特に季語別に整理する作業は大変だった事は容易に推察出来る。

今回、厳しい選考経過を経て「第4回みなづき賞」が贈られたのも当然の結果であろう。

「強靭な詩精神で風雅の道を貫き、また、特異な世界を築きあげた二人の偉業を後世に伝える貴重な書である。一誌共宰という形で郷土の詩人を育て、共に蛇笏賞に輝いた二人の全句集の出版が同時に行われた意義は殊に大きい。ようやく百合山羽公、相生垣瓜人の句業の全貌に触れることができることを喜ぶとともに、二人の作品論、作家論が興ることを期待する」とは、みなづき賞発表の弁である(「(くだん)No.9」より)。

「これからはこの全句集二巻がある。今この二人の俳人の全貌に触れさせていただいたことの重みを痛感している。」
「そしてそれを持続的に支えてこられた監修者の並々ならぬご尽力に心からの敬意を表する。そしてこの全句集が、俳壇という枠を超えて、広い世界で読まれることを願っている。」
とは、一俳人の意見であるが同時に多くの方々の共通した意見であろうと思う。

|

« 土井晩翠像 | トップページ | 星月夜 »

コメント

「自然の真と文芸上の真」を標榜して「馬酔木」に拠った水原秋桜子と、行を共にした羽公・瓜人両俳人の句の世界を、手軽に手にとって読めることは幸せです。
そして改めてその時代を学ぶ事の出来る喜びを感じています。

投稿: 麦秋 | 2007年8月 1日 (水) 21時02分

麦秋さまコメント有難う御座います。
昭和の俳句史に大きな足跡を残した両俳人の全容を知る手だてを得られたのは素晴らしいことですね。

投稿: Alps | 2007年8月 2日 (木) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/15956913

この記事へのトラックバック一覧です: みなづき賞:

« 土井晩翠像 | トップページ | 星月夜 »