« 古書店 | トップページ | 梅雨に入る »

2007年5月31日 (木)

醒井宿

5月27日(海軍記念日)に、近江の国は醒井宿(さめがいじゅく)を訪れた。

醒井宿(滋賀県米原市)は、中山道61番目の宿場で、JR醒ケ井駅前の国道21号線とその南側を走る名神高速道に挟まれた地域を通る旧中山道に沿った比較的狭隘な宿場町である。
資料に依ると、「古代からの交通の要衝であり、「日本書記」の日本武尊の伝説に登場する「居醒泉」が醒井の地名の由来であるといわれる。豊富な湧き水があったことが、旅人の休憩場所として最適の条件であったことは間違いない。今も地蔵川の清らかな流れが町を潤している。」とある。

此処は京都と江戸をむすぶ中山道の宿場町で、特徴はなんと言っても町並みを流れる清冽な地蔵川の流れである。
Img_10562
北国街道・海野宿は街道の端を比較的狭い水路が流れているが、ここ醒井宿の水路は、宿場の道の南の縁を、その名の通り川として流れ、中山道を行く旅人の疲れを癒すと共に、川には戸毎に石の橋が架けられ、濯ぎ場が設けられて里人の生活手段の重要な位置を占めていた。「近江名所図会」には、地蔵川べりに床几で一服する旅人が描かれている。
Img_10612

写真は宿場の町並みの一部を示し、写真の道路の右手に地蔵川が流れている。川をはさんでその右にも家並みが連なっている。この宿場跡には、居醒の清水(日本武尊の像がある)、地蔵川のバイカモ(梅花藻) 、醒井宿資料館 (醒井宿問屋場(旧川口家住宅)、醒井郵便局局舎)等々をはじめ旧宿場の町並みが続き往時の雰囲気を色濃く滲ませている。

川にはハリヨ(トゲウオ科・イトヨ属)という体長4~7cmのトゲのある魚が棲んでいる。里人は目ざとく見つけるが私には遂に見つけることが出来なかった。水温20度以下の清流に生息している。
バイカモ(沈水植物、キンポウゲ科)は、水温15度前後を保つ澄んだ湧水を好み、川底に群生し、流れに沿って這うように育つ鮮やかな緑色をした多年生水草で、掌状の葉が特徴で水面上に梅花様の白い花が咲く。バイカモとハリヨは共存状態にある。
Img_10512_1
旧醒井郵便局は1915年、米国出身のウィリアム・メレル・ヴォーリスの設計によって建てられた木造2階建の擬洋風建物で、現在の建物は1934年に改装されたもので基本的な内部構造は創建時の建物を利用している。1998年に国の登録文化財に指定されている。

問屋場は、宿場を通行する大名・役人に人足や馬を提供する事務所で物資運搬と言う見地からすると宿場では最も重要な施設であったことは間違いない。醒井宿ではこうした問屋が7~10ケ所も設けられていた。

土地の人々は親切で、宿場のことや産物、見所等に就いて聞いて見ると、詳しく説明してくれ、わざわざ案内してくれたり、自分では分からないことがあると隣の人や、旧家の長老の所まで聞きに行ってくれる。古き良き時代の名残が色濃く残っている。

醒井宿は又、俳人たちがよく訪れる所と聞く。帰路は、奥の細道むすびの地と呼ばれる大垣で芭蕉時代の俳人を偲んだ。

日本各地には旧宿場町が歴史的建造物群として保存されて居る所が多く見られるが、文化的遺産として大切にしたいものだ。

|

« 古書店 | トップページ | 梅雨に入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/15263828

この記事へのトラックバック一覧です: 醒井宿:

« 古書店 | トップページ | 梅雨に入る »