« 棟方志功展 | トップページ | 死生観 »

2006年11月30日 (木)

草笛

随分前の事になるが、小諸の懐古園を数度訪れた事がある。盆に墓参りに行く途中だったと思う。その都度古老が草笛を吹いていたことだけが記憶に残っている。お名前は伺ってはいなかったが懐かしさが込み上げる。

Photo_2 当時の御歳から推測して今、懐古園を訪れても、その草笛を聞く事は出来ないにしても、何かの痕跡が残っていれば嬉しいなとの思いに駆られて過日懐古園を訪れた。
藤村記念館の受付嬢に聞いてみた。「その方なら1980年に亡くなられましたが、昔何時も草笛を吹いていた場所に写真と録音したものがあるので行って御覧下さい」との案内があった。(写真をクリックすると拡大します)。

その場所は直ぐ判った。横山祖道さんと仰る方で、その説明書きによれば、「昭和33年より22年間に渉り雨の日も風の日もこの場所で説教代わりに草笛の優しい音色で旅人を慰めた」と、ある。説教とあるからには僧職でいらっしゃったのだろう。その写真の下にボタンがあって、それを押すと懐かしいあの草笛の音が聞えてくる。藤村の「小諸なる古城のほとり」も老師が歌われたのだろうか、それも聴く事が出来る。私たちも遊子として往時を偲んだ。

Photo_5
附近は一面の紅葉で美しかった。ふと仰ぐと、大木の梢に珠となった寄生木(やどりぎ)が冬空に輝いていた。
Photo_4

|

« 棟方志功展 | トップページ | 死生観 »

コメント

 お久しぶり、いつもまめに書いておられる方が書かないと心配になります。
 宿木の写真いいですね、いつも心温まる写真有難うございます。次を楽しみにしつつ。

投稿: 尚童 | 2006年11月30日 (木) 21時11分

懐古園は本当に久しぶりの訪問でしたが、城垣が幾重にも巡らされ、空堀が深く、折りしも紅葉が美しく、特に横山祖道師の録音で草笛を聞くことが出来、一挙にタイムスリップしたような感じがします。老師のかつて吹いていたときの姿が彷彿として感動的でした。
当然の事ながら此処には、島崎藤村の影響が色濃く滲んでいて、思わず「小諸なる古城のほとり」を口ずさんでしまいました。

投稿: Alps | 2006年12月 2日 (土) 20時37分

草笛老師で検索してきました。先日34年ぶりに懐古園にいってきました。私の目的も会えるはずのない草笛のおじいさんに会うことでした。たった一度しか会ったことがないのですが 何故か心に残っていました。

投稿: やまね | 2009年5月 8日 (金) 22時35分

やまねさま
同じような想いを抱いて懐古園を訪れる人がいらっしゃることを知って嬉しくなりました。
信州人である私が特にこのような感じを抱くのは当然ですが、同じような気持ちを抱く人たちが増えることは嬉しいことです。

投稿: Alps | 2009年5月 9日 (土) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/12876727

この記事へのトラックバック一覧です: 草笛:

« 棟方志功展 | トップページ | 死生観 »