« 東山魁夷・心の旅路館 | トップページ | 棟方志功展 »

2006年10月24日 (火)

続、大平宿

先に大平宿の事を書いた。
其の後、調べたいことがあってその時に撮ってきた写真を詳しく見ていたら、宿場の旅館の一つである下紙屋の写真の中に「歩髙楼 金子智一」と書かれているのを見つけて吃驚した。
Kaneko_3
金子智一氏は、インドネシア独立の功労者でスハルト大統領からインドネシアの最高功労勲章「ナラリア勲章」を授与された。又、日本歩け歩け協会(現日本ウォーキング協会)会長や、日本ユースホステル協会の設立発起人として又その常任顧問を歴任し、更には日本マーチングリーグを創立し会長を務めた。このような偉大な人物が余り知られていないのも実情であろう。

そう言う私も金子智一氏を知ったのは、私の旧友Y君の、大学時代の教え子であるK氏のご父君が智一氏だと、Y君から聞いて始めて知った。併せて紹介された佐藤嘉尚著「歩々清風 金子智一伝」(平凡社)も読んでいたので、この写真から、格別な想いで歩髙楼を現地で見た時の事を思い出した。
Kaneko_1
Kaneko_2

この大平宿の管理人であるH氏に金子智一と宿場の関係を聞いてみた。
H氏ご夫妻は、早くからウォーキング協会の会員で且つ指導員の資格も持っているし、宿場関係者は殆ど会員であり、飯田市には多くの会員がいて活発な活動を展開しているという。宿場はそのウォーキング活動の際の宿泊にも一役果たしている由で、「歩髙楼」は「あるこうろう」と呼ぶのだそうである。
H氏らは金子智一と、この山の中を何回も一緒に歩き回っているし親しくお付き合いをした仲で、時には東京までも出かけていると聞く。
過日再訪した魅惑の大平宿が、かねてから聞き及んでいた金子智一氏と、このような形で結ばれていたとは夢にも思っていなかっただけに不思議な感動に包まれた。

更に別件ながら、大平宿に就いて、もう一つ活字上の出会いがある。
池内 紀(おさむ)著「ひとり旅は楽し」(中公新書)という本を読んでいたらその中に偶然にも「大平宿」のことが書いてあった。
「通りに面して土間があり、奥に大きなイロリが見える。往還に面した家におなじみの「前土間型」というつくり。かつてこの道を往来した人は、あがりがまちで一服し、イロリで湯気を立てている鉄瓶から、白湯をもらったりしたのだろう。云々」とある。
但し、これは氏が旅先候補として切り抜いてファイリングしておいたものの記事の様であるが旅慣れた氏にとっても魅惑の旅先候補地であったことに相違ない。思わぬ活字上の出会いである。

|

« 東山魁夷・心の旅路館 | トップページ | 棟方志功展 »

コメント

東山魁夷、続大平宿楽しく拝見、金子智一がユースホステル運動に関連していると知り、コンピュウターあちこち引いてみました、と言うのは私がエデンの園長時代に、ご入居者として親しくさせていただいた松村克己先生からきいた、第一次世界戦争後の混乱したドイツで始まったセミナハウス設立運動?、先生は関西セミナーハウスの理事長もされていて、同じ流れかなとおもつてさがしてみましたが、どうも違うようですが。
 しかしユースホステル運動もドイツが発祥なんですね、それも百年以上前の、印象深かった文章。
 「ユホスホステルの運動は、今から90年前のドイツの小学校教師によつてはじめられました。『教室の中での授業だけでは、本当の教育はできないと、子供たちをつれてライン川沿岸を七泊八日の徒歩旅行しに出たのです。いつも苦労するのはその宿泊場所でした、Y・Hを思いついたのはそんな時でした』」(第一号のユースホステル、アルテナ城が始まったのは1909年とか)
 「つめこみ教育への不満、鉄道などの文明化に一種の不安があつたようです。そしてその不安は、当時のギムンジウムの生徒たちや父兄なども存在していましたから、多くの生徒や父兄の共感をうんだ」
 そして戦後日本でも一時盛んでしたが、今はどうなんでしょう。「ユヘスホテルとは青少年の旅行活動であつて、青少年の移動教室でもあります。ユースホステル
から青少年がいなくなったら時点で、ユースホステル運動は終わってしまうことになるのです。ユースホステルという施設が残り、ユースホステル運動は存在しなくなつてしまうのです」
 金子さんも教育のあり方の一貫として、Y.Hを考えられたんでしょうが、いまの子は相部屋はいやなど、設備面の不足、ダサイなどといって利用者が少ないのだそうです。
 ニユースでは高校での履修科目不足で卒業できない恐れということが問題になつている。何か教育がおかしいですね、これは私達の問題なのかもしれませんが。
 

投稿: 尚童 | 2006年10月26日 (木) 10時48分

金子智一氏のような、夢をいつも描きながらそれを実現してゆく大きな人物が少なくなって来ているのは寂しい事ですね。
浜松は、長谷川 保氏、川上 源一氏、本田 宗一郎氏のような夢を描きながら社会に貢献した人たちを育んだ土地柄ですが、それも何か過去の中へ消え去ってゆく寂しさも感じられます。

東山 魁夷が何故、信州の山河を愛し、描き続けたのかを知って嬉しくなると共に、出会いの素晴らしさをつくづく感じます。

投稿: Alps | 2006年10月30日 (月) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/12392348

この記事へのトラックバック一覧です: 続、大平宿:

» 「縁」に就いて(5) 金子智一、佐藤嘉尚 [佐久間象川]
★前回の中山正男の記事で、中山氏の義弟という事で、少しだけ触れた金子智一氏に付いては、伝記本があるので、その事跡を詳細に知ることが出来る。 2003年末に平凡社から出版された、 「歩々清風、金子智一伝」(佐藤嘉尚著)、である。... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 02時50分

» 「縁」に就いて(4) 中山正男 [佐久間象川]
★「きらり」が、NHK朝ドラマとしては近来稀な好評で、日本中で高い視聴率を得た。  ドラマの中の人々の人間関係、生活感覚が、現在の日本で失われた、私の幼少の頃と相通じ、当時の社会情勢とを、このドラマが、理屈抜きで伝えてくれるのが、嬉しかった。 ピアニスト君の{朝ドラ「きらり」を見て [A-25]} 、の内容も同感だが、そのコメント欄の応酬、が忘れられない。 私は、「きらり」の完結を見て、敗戦前後の世相の話を紹介したくなり、 この記事、『「縁」に就いて(4) 中山正男』、を書いた。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 02時57分

» 新涼 [cogito,ergo sum]
俳人協会・俳句文学館発行の、平成21年8月俳句カレンダー所載句の作者は有馬朗人氏 [続きを読む]

受信: 2009年8月 9日 (日) 11時27分

« 東山魁夷・心の旅路館 | トップページ | 棟方志功展 »