« 企業体質 | トップページ | 卒寿翁の句集「晩学抄」 »

2006年8月31日 (木)

創業の精神

世界最大の総合精密測定器メーカーである「ミツトヨ」の不祥事が問題になっている。

「ミツトヨ」の前身「三豊製作所」の「五十年史」(昭和60年(1985)7月刊)に依ると、同社は沼田恵範氏によって創業された。氏の生家は浄土真宗本願寺派の浄蓮寺であると言う。氏は敬虔な仏教徒であり、会社経営に親鸞の教えを織り込んでいた事でも知られている。
自分自身を深く見つめる事。物欲に流されることなく人間として一番大切なものは何かを問いかけ、その大切なもの(心)を忘れずに生きていく事の必要性」を社員に問いかけていたに相違ない。
氏が生まれた明治30年(1897)には、時代を象徴するいくつかの出来事があった。八幡製鉄所開業(生産は34年から)、金本位制の施行等々、日清戦争後の日本が本格的な資本主義経済の歩みを開始した時でもある。
氏が「三豊製作所」の前身とも言うべき研究所を開設したのは、昭和9年(1934)のことで、社名を「三豊製作所」に変更したのは昭和11年(1936)、以来営々とした努力の結果が精密測定器メーカー「ミツトヨ」として知られるようになった。

この間、世界各地に工場展開をし業容拡大を図り、片山準三社長(一口に海兵と言っても戦時中の大量入学時代とは違って、文字通り全国から俊才をより抜いた時代に海兵にトップ成績で入学したが、同校の気風が気に入らず半年で退学し、翌年一高に入りなおした経歴を持つ)時代に、社訓として「誠実・深慮・敢闘」を制定した。一方、沼田氏は究極的な目的である仏教伝道事業にも注力し「仏教伝道協会」の設立を始め、仏教聖典の頒布、仏教伝道文化賞(受賞者の中には、丹羽文雄・武田泰淳・井上靖・黛敏郎・土門拳・平山郁夫氏等が名を連ねている)等の文化活動も積極的に進めていた。

ミツトヨの経営目的は他社のそれと比べて見ると一種独特な感もあるが、YKKの「善の循環」とも一種共通したものがある。この創業者の精神や、途中から制定した社訓が、其の後何代かの経営者に、どのように受け継がれてきたのであろうか。仏教伝道事業と会社経営とのバランス等の問題をどのように理解し会社運営に当たってきたのであろうか、その間の事情は知らないが、1992年11月に赤字転落。そして最近の不祥事である。

これは、「ミツトヨ」に限った問題ではないと思う。世の中には創業の精神や、社訓などに盛られた精神を忘れ、利益追求型に走る企業が後を絶たない。以って他山の石とすべき問題であろう。

|

« 企業体質 | トップページ | 卒寿翁の句集「晩学抄」 »

コメント

経営者と仏門、という話から、真っ先に頭に浮かんだのは、8月にNHK・TV「知るを愉しむ」で、紹介のあった、京セラの稲盛氏のこと。
あの感動的な生き様をみて、最近の拝金主義の横行する経営者が幅を利かす前には、この様なタイプの経営者が、稲盛氏ならずとも、居たのになあ、と嘆息したのでした。
この記事のお話を伺うに付けても、文化の社会的伝承の難しさを痛感します。

投稿: 佐久間象川 | 2006年9月 1日 (金) 05時59分

コメント有難う御座います。
ネオテニー(neoteny)と言う語を最近知った。語源は「アホロートルやイソギンチャク類などの動物で、発生が一定の段階で止り、幼生形のまま生殖腺が成熟して生殖する現象。進化過程で生じたとする説もある」と言う所から、幼形成熟、幼態成熟とも言われるようです。
これと似た現象が人間社会にも現れているが、経営者の中にもそのような現象が出ている現実を私は実感した事があります。それが拝金主義や思想なき経営になっているのではないでしょうか。
稲盛さんの経営思想や実績には企業文化、社会貢献と言うものを肌で感じさせるものがあり、真の経営者とはこのような人かと納得させるものがありますね。

投稿: Alps | 2006年9月 1日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/11681307

この記事へのトラックバック一覧です: 創業の精神:

» 「縁」に就いて(3) 京セラ・稲盛氏 [佐久間象川]
人と人との縁に付いて、我々の仲間は、幾つかの記事を書いている。 出会ってはいないがご縁のあった人、相手の名前も知らないが忘れがたい人、の話も含めて、書かずに居られない思いがあるのだ。 人生とは、人との関係の歴史なのだから。... [続きを読む]

受信: 2006年9月 3日 (日) 06時01分

« 企業体質 | トップページ | 卒寿翁の句集「晩学抄」 »