« 続、北国街道 海野宿 | トップページ | ジャカランダ »

2006年7月 4日 (火)

岡崎きらり

郷土史研究会の現地研修として、於大の方・家康・築山御前・信康の足跡を辿って岡崎を訪れた。

岡崎城周辺を見て此処まで歴史を大切に保存しているかと、地元の人たちに敬意を表したい。偶々旧国鉄の通過に反対した為に、取り残されたことも一因でもあろうが、それ以上に地元の人たちの史跡保存の熱意があったればこそと思う。

話は脇道に逸れるが、NHK朝ドラ「純情きらり」の舞台にもなっている、岡崎八丁味噌の「山長」(実際のロケは八丁味噌「角久」で行われた)他のロケ地も見た。Miso_1
Miso_2_1  

  





左の写真は、現在の八丁味噌の蔵元である「角久」の味噌倉の写真で、右はロケ風景の写真である(写真をクリックすると拡大します)。現在との違いの主たる所は、樽の箍(たが)を昔風に変更している事と、土台の部分を昔風に一面の板張りにしたこと位。味噌倉の見学は、良く訓練された女性のガイドで楽しかった。又、有森桜子(宮崎あおい)と、松井達彦(福士誠治)のデートの場は岡崎城の外廻りの一角で下の写真がそのロケ地だそうである。
Okazaki  
閑話休題。
岡崎城の周辺には、深い空堀又は水堀があり、その姿がそのまま残されているのが素晴らしい。矢張り地元の史跡保存にかける情熱の一端を知った思いがする。現地では、岡崎の歴史に詳しい市橋章男氏ご夫妻が、ボランティアでご案内頂いた。
Okazakijyou_1
Okazakijjyou_2
岡崎城最古の「晴海堀」は岡崎城が砦であった頃に造られた堀で鬱蒼とした樹木に覆われている。昼尚暗い堀がそのまま残されているのを見て、つくづく羨ましく思った。
そう言えば、例えば大樹寺(徳川家九代の墓があり、徳川家の菩提寺)の楼門に立ってみると、楼門と、其の前方に建っている総門の二つの通路を通して、遥か前方に岡崎城の天守閣が望見出来る。その間には建物を建てることが規制されている為にそのような景観を保持しているそうである。

広大な岡崎城公園の歴史探訪の後、八柱神社(築山御前の首塚)、大泉寺(於大の方の墓所)、総持(尼)寺(築山御前が居住していた寺)、築山稲荷、祐伝寺(築山御前と殉死した侍女二人の墓所)、若宮八幡(信康の首塚)そして大樹寺の見学と、岡崎城郭籠田総門から旧東海道を散策した。旧東海道には今も梲(うだつ)を上げる商家が建っている。

特に祐伝寺の三人の墓を見て、築山御前は冤罪を受けたまま亡くなったのではないかと、しみじみ思い、歴史の叙述と異なる想いを深く抱いて帰浜した。 

                       

|

« 続、北国街道 海野宿 | トップページ | ジャカランダ »

コメント

岡崎の人達が、史跡の保存にここまで熱意を持っていることを知り、嬉しくなりました。
経済的に決して豊かとは云えない、東独ドレスデンの人達の文化遺産への思いに感動した話をエントリーしたばかりなので、トラックバックさせて戴きました。

投稿: 佐久間象川 | 2006年7月 5日 (水) 03時43分

「純情きらり」は、あの時代としては実にモダンなセンスを持つ人物を描く一方で、旧い日本の良さが滲み出ていて、私はNHK朝ドラとしては何十年ぶりの出来の良いものと評価している。
ただ、それが何故、岡崎なのかが今迄分からなかったが、この記事で、此処まで歴史の保存に真摯である土地の気風を知り、納得がいった。

投稿: 二人のピアニスト | 2006年7月 5日 (水) 04時08分

コメント&TB有難う御座いました。
文化遺産への郷愁から、廃墟と化した旧都を見事に復旧したドレスデンの偉業に感動した。
口先で文化文化と叫ぶのではなく、このような行動が文化を作り維持し継承してゆくのでしょう。
そのような土壌から情緒豊かな風土が形成されて行くのではないか。最近の「みんなの歌」やコマーシャルを見ていて、昔のような雰囲気を感じられないのは、心ある者が一様に感じている所で、そんなものしか受け入れない世の中になってしまったのかなと情なくもなる。

余分な事ながら、八丁味噌の味噌樽の上に積まれているピラミッド型の石の塊は、今もその方法で、震度5位では崩れない熟練工の技であるとガイドの説明にあった。方法はもっと合法的なものがありそうだが、何故かこの方法を今も継承していると言う。味噌の味にどのような影響が在るのかの説明もなかったし、聞く時間もなかった。

投稿: Alps | 2006年7月 5日 (水) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/10786644

この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎きらり:

» 世界遺産、「ドレスデン」、を見て [佐久間象川]
前回の記事、:「縁」に就いて(2)「ドレスデン」 :には、 ドレスデンの街の復旧再建の姿に、ドイツ人の「文化」に対する思い入れを見て、感動したことを書いた。 これに比較して、我国の権力者(政・官・財、関係者)、のメンタリテイはどうだろう。  民族の文化を大切にする気持が、お軽いのではないか、と思われてならない。... [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 03時30分

« 続、北国街道 海野宿 | トップページ | ジャカランダ »