« 良い子は此処で遊ばない | トップページ | 故郷(ふるさと) »

2006年7月20日 (木)

春夏秋冬

日本は比較的、春夏秋冬の節目がはっきりとしている。

1979年5月15日から約1ヶ月間、ヨーロッパへ出張した事がある。出張に先立ってハムブルグ支店に気候を問い合わせた所、4月末までは時々霙が降っていたし今も寒いと言う。それを聞いて下着を少し余分に準備し、レインコートも着て出かけた。ハムブルグへ着いて見たら成る程寒かった。準備してよかったなと思った。

ケルンで開催中のインターツーム(家具の部材・部品展)や家具メーカーを見学し、デュッセルドルフ・シュタットガルト・チューリッヒ等を経由してハノーバーに移動したのは22日頃だったと思う。
それからリグナ・ハノーバーメッセ(木材・木工加工用機械を主体とする見本市)を3,4日見学し、続いて又大手の家具メーカーを始め企業訪問をしたが、27・8日頃から急に暑くなってきた。
道路工事をしている人は、上半身裸で働いている。その傍を毛皮のコートを纏ったご婦人が通るといった、夏と冬が同居しているような奇妙な風景にも出会った。矢張り異国に居るんだなの感慨に浸ったものだ。そしてヨーロッパは春が殆どなくて、いきなり夏になるのかなと思った。当時はバスにクーラーもなく暑かった(ヨーロッパの1,2,3月と8,9月はそれまでにも経験している)。
2jpg
写真は、コペンハーゲンの企業を訪問時、ホテルの窓から同市を望んだもの。

そんな経験から、日本は春夏秋冬がはっきりとしている事を実感した。一般に季感を大切にする俳句が日本で確立し、最近益々盛んになってきているのも頷けるというものである。
ところが最近、何かこの季節の変わり目が従来と違ってきているように思う。今年などは春が極端に短く、夏に入ってしまった感がある。長野の方では最近は杏と桜が同時に咲くという。気象学者にその辺の事情を伺って見たいものと思う。

|

« 良い子は此処で遊ばない | トップページ | 故郷(ふるさと) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/11028743

この記事へのトラックバック一覧です: 春夏秋冬:

« 良い子は此処で遊ばない | トップページ | 故郷(ふるさと) »