« 遠州大念仏 | トップページ | 岡崎きらり »

2006年6月30日 (金)

続、北国街道 海野宿

       海野宿
 浅間嶺に煙たなびく花林檎  Unnosyuku_11
 春愁や旧家に狭き通し土間
 みちのべに市神祀るすみれ草
 
出格子に春の灯ともる宿場町
 
小流れに卯建の影や余花明り
 
上簇や棟に気抜きの明り窓
 
箱膳に淡き記憶や額の花
 たもとほる旧街道や夏帽子

地名や景観には、歴史やその影を負っている所が多い。平成の大合併や、目先の便利さのみで、それらをいとも簡単に払拭し、忘却の淵に沈めるのは耐え難い。過去は時さえ経てば風化し、やがて消え行くなどとはもっての他。

そんな想いに駆られて「北国街道海野宿(こちら」を訪ねたのは4月の下旬。宿場に平行して流れる千曲川の堤は桜が満開だった。

「日本の道百選」の一つに選ばれた北国街道は、北陸地方へ向かう街道の総称で、江戸時代は参勤交代や佐渡の金の輸送路として賑わう一方、善光寺詣の道としても栄えた。         

北国街道を挟み、「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている海野宿は、小諸と上田の中間に位置し、寛永2年(1625)頃に成立されたと伝えられる。宿場東端に白鳥神社があり、其の前を流れる千曲川の白鳥河原は、治承5年(1181)木曽義仲の挙兵地として知られる。 

街道のほぼ中央には用水が流れている。宿場の東西には桝形が置かれ、その間約6町(650m)の長さになる。宿場時代の建物は多くが旅籠屋で出梁造りや海野格子と呼ばれる二階の出格子が今も景観を添えている。明治期以降は養蚕業で榮え、その富により建築された建物は宿場の風格を受け継ぎ江戸時代のものと調和して現在の町並みを形成している。卯建・気抜き屋根・戸毎の屋号、六文銭の真田紋を配した藍暖簾・立行灯、用水路に影を落とす並木は美しい。歴史民俗資料館に見る箱膳や養蚕具には子供時代の記憶が蘇り、街道から望見する浅間の煙と共に胸が熱くなる。

この地を訪れた馬酔木の俳人、岡田貞峰氏は、
   
青柳や宿場つらぬく洗馬(せば)の水
  
遅桜花神をここに引きとどめ
  
つばめ巣を営む卯建かく連ね
  
たんぽぽの絮の手毬と野仏と
  
義仲の挙兵の河原幟立つ
と、詠っている。

今も、江戸時代の雰囲気が息づいている海野宿を、愛し保存し維持に努力している人達に、感動し感謝し、共感と興奮を覚えた。

|

« 遠州大念仏 | トップページ | 岡崎きらり »

コメント

◆◇◆◇◆◇ アフィリエイトで副収入 .。☆゜:゜:。*。
◇◆◇◆◇
◆◇◆◇  月90万円稼いでいるお客様もいらっしゃいます  
◇◆◇
◆◇     月数万円稼げればいいという方も大歓迎 ☆★ 

    少しでもご興味があれば是非、弊社のサイトをご覧下さい

        ⇒ e-アフィリ  http://e-af.net/?coog

投稿: e-アフィリ | 2006年6月30日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/10712089

この記事へのトラックバック一覧です: 続、北国街道 海野宿:

« 遠州大念仏 | トップページ | 岡崎きらり »