« 光り苔 | トップページ | 少し歩けば »

2006年5月28日 (日)

三方原合戦

武田信玄と徳川家康が一戦を交え、家康が大敗して命からがら、浜松城に逃げ込んだ所謂「三方原合戦」は歴史上有名である。

三方原合戦は、元亀3年(1572)12月22日、新暦では2月4日で、申の刻(夕方4時から4時半頃)から行われたので、実際戦が行われた時間は高々2時間位と想定される。しかし其の前に、天竜市二俣(現、浜松市二俣)の二俣城攻めに約2ヶ月を要した事を考えると、たった2時間ほどの三方原合戦の方が有名になる事自体が不思議である。

有名になっている割には合戦の主戦場が何処かが、実際には特定出来ず、唯一、言えるのは犀ヶ崖 と称する場所であるが、これとて主戦場とは言えず、此処から北へ約4Kmの所に三方原古戦場址の碑が建っているが、此処は偶々其処に建てられたに過ぎず主戦場ではない。
Senseki_4
主戦場に就いては諸説がある。以下に記述するのは、松田不秋氏の資料より引用させて頂いたものである。

小豆餅説  旧参謀本部「日本戦国史」の内の「三方原役」によって従来正しいと信じられていた小豆餅(地名)説であったが、昭和33,4年頃、高柳光寿氏(国学院大学教授、日本歴史学会会長を歴任)が今までの定説を覆す異説を発表して騒然となった。

根洗周辺説  家康をおびき出すべく信玄が三方原北縁に陣取ったという事から高柳氏が発表した根洗(地名)説が俄然脚光を浴び、一挙に一般説の地位を確保した。

本坂道大谷坂上説  高柳説が発表された事に刺激され、浜松周辺地域に一斉に三方原合戦の研究ブームが湧き上がり、中でも鈴木千代松氏を中心とする三方原郷土史家一団の活躍が目覚しく姫街道(姫街道 及び 続、姫街道  等、関連資料参照)本坂道が大谷坂に近い三方原台地上とする説を発表した。
その根拠は、徳川方の所在を示す「精鎮塚」が確認され、武田方の塚(一石五輪状のもの)も現存し、一方当時は現在の金指街道(国道257)は存在せず、あったのは本坂道だけという事実から検証している。

いずれにしても②と③は比較的近い場所にあり信憑性が高いとされる。

それにしても3万とも4万とも言われる武田軍が祝田(ほうだ)、刑部(おさかべ)地域に、正月を挟んで半月間も逗留したと言うが、地域にとっては悪夢に等しい期間であったに相違ない。

 

|

« 光り苔 | トップページ | 少し歩けば »

コメント

いろいろな意味で、歴史とはこういうものかと想像を刺激する話です。 長くなるから「いろいろ」は書き切れないけれど、一つだけ。
三方原合戦から400年後には、私は人生の夏の時期。その翌年がオイルショックだった。 その僅か30年後の21世紀入り口には、私も人生の秋の季節とは言え、未だ元気で、トイレットペーパー騒動以来の出来事はツイ昨日のことだ。 でもそこから400年遡って1600は、関が原であり、信玄も、信長も、秀吉も、既に亡くなっていた。
何を言いたいのかというと、自分の実人生に較べて、歴史の流れの速度が驚くほど速い(時期がある)と言う事。
もう一つ:歴史上の出来事の伝承の不確実さ、である。

投稿: 佐久間象川 | 2006年5月29日 (月) 06時38分

三方原合戦に就いては、一体大軍がどの道をとって台地に上ってきたかに就いても、諸説があって今もって特定出来ない。
そのようなことを血道を上げて調べている人も居る。勿論郷土史家たちの一団で、其の人たちの話を聞くと、その情熱に此方の胸も熱くなる。80歳前後の人たちも入っての人達である。
言われる趣旨のように、子供の時は一日が長かった。しかし歳を取って来ると一日が短くなる。やりたいことがあっても時間に制限がある事を実感するから。
しかしミクロ的に見ると、同じ年齢の時にも、或いは長く感じられた時もあり短く感じられた時も有り、精神的な時間の遅速をこのごろ特に痛感する。特にこのようなコメントを頂くとその想いは募るばかりだ。自分史を振り返って。

投稿: Alps | 2006年5月29日 (月) 07時46分

三方原合戦から関が原合戦までの時間が、オイルショックから21世紀まで、と同じだったと佐久間さんに言われると、エッと思う。
そしてAlpsさんに、子供の時は一日が長かった。歳を取ると一日が短くなる。同じ年齢の時にも、長く感じられた時も、短く感じられた時も有る、と指摘されると、成程と思う。
そして、改めて思い直すと、私自身は16歳の時の一年間が、わが人生の半分の長さだったことに気付いた。 自分史も、日本史も、人類史も同様なのだろうか。
この記事の本題を外れたコメント(毎度ながら)を入れて申し訳ありません。

投稿: 変人キャズ | 2006年5月30日 (火) 00時47分

三方原合戦からの30年間と、オイルショックからの30年間の対比とは気が付かなかったが、歴史的な事実からの発想が面白い。
前者は権謀術策が渦巻いていたとはいえ比較的単純な世界、後者はそれに比べると世界規模の複雑化した時代。
其の中にあって自分がどんな役割を果たし、どんなことを為して、現在に到っているかを考えるのも歴史を考える余得の一つでしょうか。
変化に富んだ1年は比較的長く、そうでない1年は短く感じるのは、矢張り時間は相対的なものという思いを強くする。
だから求めて変化を作らなければ時間が早く過ぎ去ってしまうという焦燥感もある。こんな話も本論を外れた話だが。

投稿: Alps | 2006年5月30日 (火) 09時53分

この辺は、地名を保存しているのが偉い。
どうか、今後もナウい地名に変更したりしないで、このまま遺して置いて欲しい、私的には思う。

投稿: 痩せ蛙 | 2006年5月31日 (水) 05時22分

痩せ蛙様 
コメント有難う御座いました。浜松も政令指定都市になるのは時間の問題でしょう。それによって地名の変更等が当然考えられるが、地名には歴史の背景がある事を施政者は良く考慮する必要があると思います。因みに小ブログ「北国街道、海野宿」も御覧下さい。

投稿: Alps | 2006年5月31日 (水) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/10274393

この記事へのトラックバック一覧です: 三方原合戦:

» お祖父さんの17歳の頃の話 [晩秋]
三方原合戦 というブログ記事[2006/05/28]を見ていたら、そのコメント欄に、記事の本論の内容とは少し方向は逸れるが,興味深い意見交換があった。 ①「三方原合戦から関が原合戦までの時間が、オイルショックから21世紀まで、と同じ長さだった」、とは驚きである、との感....... [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 04時51分

« 光り苔 | トップページ | 少し歩けば »