« 緑の桜 | トップページ | 北国街道 海野宿 »

2006年4月21日 (金)

イオニア式柱

浜松の中心部に靜岡銀行浜松営業本部がある。

その建物の柱の構造を見て、これは古代ギリシャ神殿の柱の構造を模した物ではないかと思った。石造の柱頭の構造は、イオニア式柱頭と一般的には呼ばれている柱で、柱頭に左右対称の渦巻状の飾りのつくのが特徴である。静岡銀行の柱はまさしく、イオニア式の柱と言ってよい。古代ギリシャ神殿の柱には、イオニア式の柱以外に、ドリア式、コリント(ス)式、エオリア式等がある。それ等の解説はネット上の下記「ギリシャ神殿の構造」の内に、柱の事が述べられているので参考にさせて頂いた。写真は静岡銀行浜松営業本部の正面入口の風景である。

Sizuginhamamatu

柱の上の左右対称の渦巻き模様が美しい。そう言えば確かにヴァイオリン頭部の渦巻き模様もイオニア式から取った物かも。

 

 参考:「ギリシャ神殿の構造」の内から、

柱 Säule

ギリシャ神殿の柱の形は後にヨーロッパの建造物にも模倣され、その装飾は後世のいろいろな構造物に部分的に見られます。楽器においても例えばバイオリンの頭部の渦巻はイオニア式の渦巻に起源を思わせますし、かつての装飾的なピアノでは実際にイオニア式やコリント式などの柱頭を脚部に使用したりしています。シンプルな現代ピアノでも脚部には柱頭がつけられていますが、これも起源をたどればここに到達します。

柱の構造 ― 柱頭 Kapitell

ドリア式柱頭 Dorische Kapitell
ギリシャ神殿中もっともよく見られる柱頭で柱と梁の間をアバクスが支えるというシンプルな構造です。アバクス下部にはエヒヌス Echinusと呼ばれるお椀型があります。ドリア式柱の足元には土台がありません。

イオニア式柱頭 Ionische Kapitell
柱の上に左右対称になった渦巻がのり、その上にアバクスがのるといった構造です。アテネのアクロポリスではこのイオニア式とドリア式の柱が巧みに配置されています。

エオリア式柱頭 Aeolische Kapitell
柱の上にアカンサスがあり、その上にアバクスがのっている形です。アカンサスとは葉アザミの葉を模った飾りでこのほかコリント式やこの後に登場するヨーロッパ建築でしばしば用いられます。

コリント式柱頭 Korintische Kapitell
柱の上から放射状にアカンサスがのび、またその内部から渦巻が吹き出るようにのびていてその上にアバクスがのっているという複雑な構造を持っています。 後の古代ローマではコリント式柱頭をモチーフとした柱頭が使われます。

足と土台 Fuss und Basis

イオニア式やコリント式の柱には饅頭型の土台(Basis)がありますが、前述のようにドリア式の柱には土台がありません。柱には溝(Kannelierung)があるものと溝のないものがあります。

|

« 緑の桜 | トップページ | 北国街道 海野宿 »

コメント

この記事を見て、友人から電話があった。

こんな立派な建物があるのに、それを恰も隠蔽するかのようにその前に、こんなアーケードを造ってしまう無神経さが腹立たしいと。

全く同感。

投稿: Alps | 2006年4月22日 (土) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/9693756

この記事へのトラックバック一覧です: イオニア式柱:

« 緑の桜 | トップページ | 北国街道 海野宿 »