« 奥の細道むすびの地、大垣 | トップページ | イオニア式柱 »

2006年4月19日 (水)

緑の桜

友人から「緑色の桜を見たことがあるか」と言ってきた。不勉強で見たことがない。「今、フラワーパーク(浜松市舘山寺町195)に咲いているから、今なら見ごろ」と言ってくれた。出不精の私だがそう言われては、重い腰を上げざるをえない。早速行って見た。

ソメイヨシノは既に葉桜になっているが、今頃こんなに多品種の桜が満開になっているのに一驚した。フラワーパーク内の八重桜並木には、王昭君・鬱金・御衣黄・楊貴妃・普賢象・浅黄・一葉・麒麟・紅ひよんどり・東錦・塩釜桜………約20種類もの八重桜が妍を競っていた。

問題の緑色の桜は、御衣黄(ぎょいこう)と鬱金(うこん)。御衣黄に就いては、「江戸時代から知られ良く栽培されてきた、典型的なオオシマザクラ系の一品種で、花弁は黄色地に緑色の線条があり、花の盛りには中央部に赤色の線が入る特異な花である」と説明書きにある。

Gyoikou

江戸時代からあったと言うから、私はよくよく不勉強だったと思う。不勉強序に他の八重桜も良く見てきた。

Oushoukun 左の写真は上から王昭君、鬱金(うこん)、楊貴妃である。

王昭君はオオシマザクラ系の一品種で江戸時代から知られた、やや小型で小庭園向き。  鬱金はオオシマザクラ系の里桜で御衣黄に似ているが色が単一で緑色の濃淡が少なく赤い線条も入らない、黄桜・浅黄桜・黄金桜の別名もある。  楊貴妃は昔から奈良にあった有名な品種でオオシマザクラ系で18~20弁の八重先で豊かに咲いた姿が楊貴妃を連想させる」と、説明書きにあった。

Ukon_1 すっかり八重桜に魅せられて、フラワーパークの年間パスポートを買ってしまった。

園内にはチューリップも咲き乱れ、フラワー号という簡易移動車も走っている。

Youkihi_1

桜を詠んだ俳句や短歌は多い。それだけ日本人にとっては桜は、身近で愛されてきた花であろう。

  

|

« 奥の細道むすびの地、大垣 | トップページ | イオニア式柱 »

コメント

早速みにいつてくださり、情報提供者としてはうれしいです。
 王昭君というのはきずきませんでした。名前付けられる方も大変だけど、何々何号などというのは願い下げですね。
 楊貴妃の名は花に相応しい名ですね

  風に落つ楊貴妃櫻房のまま  杉田久女

 久女作というのも相応しい

御衣黄の黄、天皇の束帯の袍の色とされる黄櫨
染めからでたのでしょうか。唯花の色との感じは違うようですが。ただ花の持つ雰囲気は御衣となづけるに相応しく、よくつけたとおもいます。
 江戸時代のひとの遊びこころでしょうか、
御衣黄の一句楽しみにしています。 

 

投稿: 尚童 | 2006年4月20日 (木) 15時30分

情報提供有難う御座いました。お陰で珍しい花を見ることが出来ました。
御衣黄に就いては、次のようなネット情報もあります。ご参考までに。

1.御衣黄桜(ぎょいこうざくら)
 この桜は、四月下旬ごろより咲き始め、花びらは開花につれてわずかではあるが、緑、黄、ピンクへと色を変えていく。やがて花ごとポトリと落ちるというそんな珍しい桜である。
 この桜は、他の桜との交配により生まれた品種らしく、中でも大島桜(おおしまざくら)の影響が大のようである。大島桜は、大輪で一般に白く、ときに香気があり丈夫で里桜の改良に著しい影響を与え、駿河匂(するがにおい)、滝匂(たきにおい)、松月(しょうげつ)、鬱金(うこん)など多数の品種を生み出しているといわれている。      七宗町教育委員会

2.御衣はかつて貴人が着ていた服、その色が黄緑色だったことから、同じような色合いのこの桜は御衣黄。
緑の色合いは葉緑素で、葉っぱが変化した証なのだそうです。
葉緑素と云うことは、花びらで光合成を行っている???

諸説があるようだが、いずれにしても八重桜の内でも雅なものを感じさせてくれる桜ではある。

投稿: Alps | 2006年4月20日 (木) 22時49分

この記事を見て、友人の奥様からメールを頂いた。

「遥か昔、お弁当を持ってお友達とこの時期行った覚えがありますが、その後はアジサイと花しょうぶ(同じ時期)の時期に行くことが多く、八重桜を見損なっていました。
今年はお天気が直ぐ変わって花見のチャンスを逃しています。もう一度、美しい八重桜を見に行きたいですね。でも今日の風でお花が散ってしまったかも知れませんね。
桜の説明も貴重です。有難うございました。」

と、あった。ひょっとしたら未だ幾分かは残っているかも。

投稿: Alps | 2006年4月22日 (土) 11時12分

緑色の花を咲かせる桜について調べていてこちらの記事を見つけました。御衣黄の写真が鮮明だったので、当ブログで紹介させていただきました。

投稿: みぃ | 2006年4月23日 (日) 22時51分

みいさま
ご紹介頂き有難う御座いました。
貴方のブログを覗かせていただきました。「桜シリーズ」素晴らしいですね。それに福岡方面の旅行も楽しかったようですね。

投稿: Alps | 2006年4月24日 (月) 11時42分

岡山の 小鳥の森の園内て八重桜、うこん桜、御衣黄、ボタン等見てきました。ハガキにスケッチして楽しみました。花は人を惹きつける力がありますね

投稿: | 2009年4月20日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/9666152

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の桜:

« 奥の細道むすびの地、大垣 | トップページ | イオニア式柱 »