« そこに夢があるから | トップページ | 美しくも懐かしく »

2006年3月20日 (月)

続、そこに夢があるから

沢木耕太郎著「」の読後興奮覚めやらぬ内に、雑誌「選択3月号」が送られてきた。この雑誌は完全予約制で店頭販売はされていない。その3月号の中に山野井妙子の記事が掲載されていた。

sentakuこの雑誌に、この種の記事 が掲載されるのは珍しい。内容は 「登山家・山野井妙子の『驚異の不屈』・指18本失ってもなお岩壁に挑む」 がタイトルである。其の記事の一部を、「そこに夢があるから」 の補足として抜粋記述する。

「何度も生死の境を潜り抜けてきた二人は、壮絶な状況の中でも決して生きることを諦めない」

「二人はどの山に登ってもゴミ一つ残さない事を自らに課してきた」(註:事実、帰国後体力の回復を待って、其の時のロープの切れ端を回収に行って、それは探し得ず結果的に、他人が捨てていった缶1個を回収して帰った)

taeko

「二人の登り方は自らの身体を鍛え上げて、シェルパや固定ロープ、酸素ボンベなどの補助道具に頼らずに、少人数で困難な岩壁や高峰を登ろうとするスタイルである」

「TV局からエヴェレスト登山を打診され、高収入になると判っていても、自分の山ではないと拒否している。自分の金で自分の望む山へ自分たちの思うスタイルで登る。それが二人のこだわりなのだ」

「94年には、登山界をあっと言わせる記録を打ち立てる。世界第6位のチョー・オユー南西壁を、遠藤由香と二人で登ったのだ。超一流のクライマーが日本にいて、それが女性である事を世界に知らせる快挙となった。泰史も同行し、単独で南西壁新ルートから登頂している。三人の隊は装備・食料総重量250Kg、8000m峰の登山隊としては驚くほどシンプルな隊だった」

妙子はギャチュンカンに挑む時には既に両手指に傷害を持っていた。91年8463mのマカルーを無酸素で登頂した帰路、厳しい洗礼をうけ両手足の指18本を失いそのほとんどは第2関節の上からの切断である。ギャチュウカンでは更に第2関節の下となったが…。泰史は、ギャチュンカン登頂の凍傷で、右足の指全部と両手の指5本を失った」

「ギャチュンカンでの苦闘の描写に、沢木(「凍」の著者)のこんな一文がある。『なにより、妙子の強さを支えているのはその強靭な精神力にあるように思える。自分はクライミングが好きだという一点から揺らぐことがない。妙子は、好きなクライミングをしている限り、どんなことでも耐えられるのだ』と。泰史と共通した強さである」

私的補足:①選択に記されているギャチュンカンの高度は7952mとなっているが、諸説がある。さきに書いた「そこに夢があるから」の7985mは、チベットからの正式入山許可証に記載されているチベット山岳協会公認の高度である。  ②山野井が登るコースは、前人が未だ実績のない新ルートを常に目指す。登れるということと、登れたという事はとてつもない大きな情報である。たとえ登られたルートの詳細がわからなくとも、誰かが登ったというだけで、その山の難しさの何割かは減ることになる。

|

« そこに夢があるから | トップページ | 美しくも懐かしく »

コメント

先日戴いた山野井泰史さんの「ソロ」読了していないので、大きな口がきけないのですが、
自分の生き方をもつておられる方の、お話は魅力がありますね、知らず知らずのうちに、世間の流れに乗って生きている自分を考えると
なさけなくなります。
  勇気こそ地の塩なれや梅真白   草田男

投稿: 尚童 | 2006年3月21日 (火) 20時26分

山野井夫妻と会って話してみると何処にそんな情熱と行動力があるかと思うほどです。
私たちからすると所詮、異次元の世界の人とも思えるが、尚童さんが言われるように「自分の生き方」を確りと持っていることを強く感じました。
余談ですが、「二人が遭難した」という現地からの連絡を、泰史の父親に電話連絡した時には電話の向こうで耳を澄ませていたらしい母親はじっと耐えていたらしい。ところが「二人は凍傷はあるものの命に別状は無いということです」との第2報が入った時、母親は、不意に大声で泣き出すのが電話口に聞えたという。その報を伝えた大津氏は「これはもしかしたら日本の女性独特のことかもしれないな」と思ったと語っている。

投稿: Alps | 2006年3月21日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/9171439

この記事へのトラックバック一覧です: 続、そこに夢があるから:

« そこに夢があるから | トップページ | 美しくも懐かしく »