« 続、信濃デッサン館 | トップページ | 水上飛行機 »

2005年10月 3日 (月)

信州の鎌倉・塩田平と収穫風景

鎌倉幕府の執権北条泰時の弟重時が信濃の守護として、塩田に守護所を置いた。鎌倉・塩田を街道によって結び、義政、国時、俊時の三代で50有余年治められ、この塩田の地に鎌倉風の文化が開けたところから、「信州の鎌倉」と呼ばれている。

別所の国宝安楽寺八角三重塔、常楽寺石造多宝塔を始め、塩田の中禅寺薬師堂、前山寺の未完の三重塔、武田信玄ゆかりの由緒ある生島足島神社そして國時の菩提寺竜光院等々数多くの古い文化が静かな森の中に、集落の一角、山裾の一隅に散在し、信州のこの地に鎌倉文化が栄えた往時が偲ばれる。

歴史を尋ねて信州の鎌倉を訪れ、ゆったりと休養しようとすれば、観光湧湯の街、別所温泉がある。ここには八角三重塔や多宝塔、北向観音がある。かつて映画「愛染かつら」で全國老若男女の紅涙をしぼったゆかりの桂の大木が今なおこの北向観音の境内に生い茂っている。自然と歴史の街、信州の鎌倉を訪れる人は多い。(切手シールの説明より一部抜粋)。

塩田平には又、稲田を始め畑が開け、今は稲の収穫の最中である。最近はコンバインで藁まで刻んでしまうので、稲架風景や、藁ぼて(藁ぼっち)を見る風景も少なくなったが、此処ではそれが見られる。稲架に隠れて林檎の収穫も今盛りだ。一寸足を伸ばすと上田城址や蘇民将来護符で有名な信濃国分寺があり、江戸時代の俤をそのままに梲(うだつ)を掲げた海野宿があり、更に大法寺の見返り三重塔が塩田平を見下ろしている。夫神岳・女神岳・独鈷山の裾に広がったこの塩田平の真ん中を千曲川がゆったりと流れているのも詩情をそそる。この時期、多くの俳人もこの地を訪れる。付近には「無言館」「信濃デッサン館」もある。

haza

      稲架

harvest

      脱穀

warabotti

      藁ぼて

|

« 続、信濃デッサン館 | トップページ | 水上飛行機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/6227897

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の鎌倉・塩田平と収穫風景:

» 憧れの長野へ!観光情報募集してます! [太陽と月の魔神さま]
オシャベリ魔神サマといいます! 上田にいくので情報募集中です!よかったら色々教えてください~ [続きを読む]

受信: 2005年10月23日 (日) 11時29分

« 続、信濃デッサン館 | トップページ | 水上飛行機 »