« 全日空 NH1055便 | トップページ | 上田紬を織る女 »

2005年10月10日 (月)

踊るサンバ

浜松市には、日本国内最多の約1万6700人のブラジル人が住んでいる。

浜松市は、多くの市民にもブラジル文化を紹介しようと、今年も「はままつ サンバ・フェスティバル2005ブラジル・デー」を開催している。

今年は遠州鉄道新浜松駅周辺に特設ステージや物販等のテントを始めて設置。ブラジル人学校の子供たちがステージでサンバを披露した。

又商店街では、「まちなかサンバ」と銘打って3チームがパレード。「ウニドス・ド・ウルバナ」(名古屋市)がモール街に繰り出した。激しいパーカッションのリズムに乗った踊に買い物客もしばし見入った。 

私は其れとは知らず昨日、偶々浜松駅へ用があって行ったらその催し物に出くわして、思わぬ異文化の一端に触れることが出来た。

samba2

踊りながらモール街を練り歩くサンバ・チーム(読売10/10朝刊より)。

|

« 全日空 NH1055便 | トップページ | 上田紬を織る女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/6335295

この記事へのトラックバック一覧です: 踊るサンバ:

« 全日空 NH1055便 | トップページ | 上田紬を織る女 »