« 無言館 | トップページ | 或る女子学生との会話 »

2005年8月30日 (火)

続、無言館

終戦の8月が過ぎぬ内に無言館のことで書き足したいことがあって気を揉みながらも、諸種の用件が重なり今日まで来てしまったが、漸く書ける時間が出来た。

始めて無言館を訪れた時、予期しない出会いに思わず立ちすくんだのは、浜松市出身の中村萬平氏の遺作「霜子」を見つけ出した時。全体にひび割れる傷みは、戦災のさなかをこれだけはと折り畳まれ守り抜かれた痕跡でもあろうか。わが身をいとおしむように胸元をかき抱く妻の裸像に、「養生をして立派な子を産んでくれ」と、身ごもる妻を案ずる萬平の心情がありありと読み取れる。無言館の資料によれば「萬平が出征して間もなく、長男暁介出生。しかしその半月後に最愛の妻・霜子は産後の肥立ちがわるく他界する。妻の死を祖国からの手紙で知った萬平は戦地にのぼる満月をあおいで泣いた。

その暁介さんもすでに50半ば(1997年8月現在)だ。世間の眼に身をちぢめながら、父のモデルをつとめていた母・霜子の気持ちが最近3 わかるようになった。のこされた絵が父の生命であるなら、その半分の生命は母のものなのだ、と。」書かれている。

一つの歴史を忘却の淵に沈めるのは耐え難い。

過去は時さえ経てば、風化しやがて消えてゆくなどとはもっての他。これほど鮮明に刻み込まれ生きているものかと改めて思い知らされもしたが、そこには若い身空で散っていった者たちの叫び声だけでなく、其れを人夫々に受け止め、自らの心のつかえを吐き出す吐息と、過去への鎮魂の祈りが館内一杯に渦を巻いているような、そんな幻想にいっとき酔いしれた。

生きている限り、過去の全てを清算することなど出来ないにしても、時を経て其れを重荷と思うか否かは人夫々、無言館を後にして、暫くは興奮じみた気分が尾を引いたが、其れは重たい実感とは凡そ程遠いものだった。(註:中村萬平氏は華北で戦死、享年26歳)。

過去3回、無言館に足を運んでいるが、何度行っても新たな感動に胸を打たれる。本文中、友人M.F.氏の「鎮魂の祈り新に」より一部引用させて頂きました。

    

|

« 無言館 | トップページ | 或る女子学生との会話 »

コメント

続無言館拝見しました。私は信濃デッサン館しか知らないんです。
 ただデッサン館には、青春のまた夭折した関根正二、村山槐太、中村つね、などの作品をみにゆきました。窪島さんもそんな夭折をした作家を尋ねるなかで、戦没学生の作品に辿りついたのて゜はなかったでしたか。
 芸術新潮の「きまぐれ美術館」の州之内徹と言う人と窪島さんの関係は、同一人物のような気もするんですが、どうでしたでしょうか。
 「気まぐれ美術館」に紹介された松本俊介や長谷川利行ひかれ東京と大阪に見に行った覚えがありますが、必死に生きるこの人たちの作品は胸をうちますね。

投稿:          尚童 | 2005年8月30日 (火) 15時14分

尚道様
コメント有難う御座いました。
私がデッサン館を訪問したのは随分前のことなのでもう余り記憶に残っていません。今度いつか機会を捉えて訪れて見たいと思います。
デッサン館については下記のような紹介文もあります。恐らく尚道様が仰っておられる道筋の通りではないかと想像します。

「前山寺参道入り口横の、塩田平が見晴らせる位置にデッサン館は建っている。昭和54年6月、東京在住の著述家窪島誠一郎が私財を投じてつくった小美術館。村山槐多のデッサンが比較的沢山展示されている。他に関根正二を始め「夭折の画家」といわれた薄命の画家達の作品があった。併設されている喫茶室でコーヒーを飲んだ。新緑に輝く雨上がりの塩田平を眺めながらの一杯は最高だった。」

あの時代を死に物狂いで生きて来た者が感じるものを求めて今度は訪問しようと思います。

投稿: Alps | 2005年8月30日 (火) 17時41分

尚童様
コメント頂いてそのご返事に、うっかり尚道様とお呼びしてしまいました。お詫びすると共に「尚童様」と訂正させて頂きます。

投稿: Alps | 2005年8月30日 (火) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/5703136

この記事へのトラックバック一覧です: 続、無言館:

« 無言館 | トップページ | 或る女子学生との会話 »