« 中部国際空港 | トップページ | 忘れない »

2005年7月30日 (土)

郷愁の桑の樹

何時もお世話になる山小屋の庭に、一本の大きな樹がある。何の樹か気になっていたので或る時ご亭主に聞いてみたら桑の樹だと言う。矢張りそうかと思った。と言うのは葉がどうも桑の葉とそっくりなのでそうではないかとは思っていたが私の頭の中にあった木はもっとずっと小さな木しか知らなかったから。

私は桑の木には何時も郷愁を感じる。水原秋桜子にも桑の木(実)に郷愁を感じたと言う俳句が有るが、彼が何故郷愁を覚えたのかその理由は知らない。しかし私の理由は極めてはっきりしている。

私の生家は長野にあり今も兄夫婦が家を守っている。生家は農家で私が育った時代は、二毛作の上に、春蚕・秋蚕と養蚕もしていた。今のように農業も機械化されていない時代とあって、専ら肉体労働に頼っていた。そんな状態の中で子供も労働戦力の一環に組み込まれていた。労働は楽しくはなかったが辛くもなかった。両親の働いている姿を目のあたりにして働くのが当たり前と思っていたからだろう。ただ楽しい夏休みの印象は全く無い。夏休みは朝から夕方まで畑や田んぼに出るのが普通だったから。

蚕は生き物なので、時間通りに桑の葉を与えなければならない。春蚕の時は桑の木の根っこから出た枝を切って山の畑からは背負子で、里の畑からはリアカーで運び、秋蚕のときは春蚕の為に(冬を越すので)枝は切れないから、桑の葉を摘み取る事になる。それらの仕事は子供にとっては案外大変な仕事でもある。

そんな苦労をしてきた桑の木には殊更愛着がある。桑の木や葉を道端で見ると限りない郷愁を覚えるのはこんな過去があったから。

最近、親が用を言いつけるので其れが気に食わなくて親を殺したと言う事件があった。考えられない事だ。此れはこの一件に限ったことではない。次々と起こる問題を見ていると、世の中が全く狂っているとしか思えない。私は其の根本に戦後教育のあり方があると思っている。知識は詰め込むが人間教育が全く出来ていない。少し極端な話になるが、昔印度にあった事実として伝えられている”狼子カマラ”を思い出す。人間の子として生れながら狼に育てられた子の本性は狼であったと言う話である。

桑の木へ郷愁を感じると共に、(単なる感傷ではなく)旧制の教育制度に郷愁を感じる一人でもある。

写真はその山小屋の庭の桑の大樹である。葉は山の気を受けて精一杯に生きている。向かいの山には雲がかかっていて山裾だけが望見出来た。

mulberry_tree_2

|

« 中部国際空港 | トップページ | 忘れない »

コメント

同様な農村地域で育っても自宅が農家でないと、これだけの感覚の差が生じるものか、と感じる。
養蚕もしていた農家の叔父、叔母の手伝いだけでなく、時代的な背景で学校から集団で農家の応援に行ったから、ある程度は自分でも養蚕の仕事の実地経験もある。
でも、桑の木に郷愁は有っても愛着と言うほどのもので無いない。春蚕、秋蚕、という話は読めば理解できても、自身の身体で覚えている事でない。 桑畑と言うと学校の帰途に桑の実を食べるために悪童共と潜り込んだ思い出の方が先行する。
自家が農家でないからだろう。
お説のように最近の若者が昔と全く違ってしまった。 それは、学校教育の変化だけでなく、幼少時を過ごす家庭生活の変化とか労働体験の変化も大きいように思う。

投稿: Y.K. | 2005年7月31日 (日) 02時52分

早速のコメント有難う御座います。
  言逃れ出来ぬ口元桑いちご Alps
桑摘みの間には口元を紫色にして桑の実を食べたもの。学生時分、出征した留守家族のお手伝いに勤労奉仕をした時に監督の先生が桑畑から口元を赤紫色に染めて出て来られた光景は今も懐かしい思い出として残っている。
人間は育ってきた環境や教育によって、かくも影響を受けるものかと言う実感を桑の木に時々感じる事が有ります。

投稿: Alps | 2005年7月31日 (日) 10時21分

言逃れ出来ぬ口元桑いちご
こういう情緒の伝達手段を持つ人が羨ましいなあ、と毎度ながら思いました。
私は先のコメントを書きながら、少年の日に学校からの帰途、桑畑の主の農家の人、学校の上級生等との遣り取り、帰宅して何食わぬ顔をしていても母親にバレテ叱られたこと、次々に思い出す出来事の数々を書こうとして文章が冗長に成り、結局諦めて、あのような無感動な文章しか書けなかった。
それをこの一句で全てを包み込んで伝えている。 良いなあ、と思いました。

投稿: Y.K. | 2005年7月31日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/5230928

この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁の桑の樹:

« 中部国際空港 | トップページ | 忘れない »