« トラピスチヌ修道院 | トップページ | 郷愁の桑の樹 »

2005年7月11日 (月)

中部国際空港

過日、北海道へ行った時、始めて中部国際空港(以下、新空港)を利用した。私の住んでいる浜松からは、浜松駅発(浜松西IC経由)空港行き直行バスが出ている。所要時間は浜松西ICからは1時間20分。バス賃は西ICから片道2800円。乗車すればそのまま空港の発着場入口に横付けとなり、発着場入口は国内・国際線共用で迷う事は無い。帰路は其の逆となる。

新空港が出来るまでは、何回となく旧名古屋空港(今は県営名古屋空港)を使った。出掛ける時は、家から駅までタクシー(又はバス)、それから名古屋駅まで新幹線、そしてリムジン(又はタクシー)と乗り換え其の度に、荷物を上げ下ろししたり、荷物を持って長い距離を歩いた。最近では2家族で出かける時は、浜松からタクシーをチャーターして往復に使ったが、それなりに金がかかる。

いずれにしても、新空港が開港し、交通機関も対応して便利になった。一方、県営名古屋空港の運営や採算に就いては聞いていない。

今、静岡県では靜岡空港(ローカル空港)が、建設反対の声の強い中で推し進められている。建設中の空港予定地への各地からの交通の便は、今のところ決して良くない。名古屋新空港が開港された現在、巨費を投じてこの地にローカル空港を造る意味が(長い目で見ても)本当にあるのかという意見が多いのも当然である。勿論名古屋新空港の建設は前から判っていた事実であるにも関わらずである。静岡県には新幹線の駅が6駅もあり、東名高速が走り、今又第2東名が建設中で、陸上交通網はかなり恵まれている。

嘗て、農道空港なるものが巨額の税金を使って造られたが、宅配便に取って代わられ、無用の長物になった事実もあり、北海道には「熊の走る高速道路か」と某大臣も指摘した高速道路がある事を思い出した。

nagoya_airport 

        中部国際空港(名古屋新空港)

|

« トラピスチヌ修道院 | トップページ | 郷愁の桑の樹 »

コメント

Alps様、こんばんは!

中部国際空港って、セントレアのことですよね。セントレアは色々集客のための手段をこうじているようですね。
http://www.centrair.jp/index.html
単なる空港では、これからはだめなのかもしれませんね。
ところで、「県営名古屋空港」というのはどこのことですか?

投稿: rubicone | 2005年7月12日 (火) 23時09分

PS.わかりました!小牧空港のことだったんですね。なるほど~!
http://www.nagoya-airport-bldg.co.jp/
正式名称と通称があるというのは、混乱の元(私にとっては)ですね、よく、わかりました。

投稿: rubicone | 2005年7月12日 (火) 23時22分

rubiconeさん今日は。
正式名称と通称とでは矢張り通称のほうが判りやすい様ですね。
そのセントレアは、私たちが出発する時分は、ごった返していた。丁度お昼時でもあったが、食事をするのに混んでいない店を探すのが困難で、名古屋といったらキシメンと思っていたが当てが外れてしまった。飛行機を利用する本来の目的の為の人よりは、空港見学か食事かショッピングかいずれかの番外客の方が多いようだった。其の人たちは大なり小なり金を落としてゆくのは間違いない。
今、書店の経営にしても、車の販売店の経営にしても只、それだけの目的以外に客が無意識的に望んでいる場の提供をしているところが成功しているように感じる。又経営者はそれを敏感に感じるようでないと成績が上がらないように思う。ただ、それは邪道と言う意見の出るのも確かだが、地域性や住民性などを勘案してやってゆくのが経営と言うものだろう。ただ単なる儲け主義とは一線を画したお客本位の柔軟な姿勢が望まれる。
セントレアの状況が何時まで続くかと言うのも興味の有る所だ。

投稿: Alps | 2005年7月13日 (水) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/4923842

この記事へのトラックバック一覧です: 中部国際空港:

« トラピスチヌ修道院 | トップページ | 郷愁の桑の樹 »