« トビ空襲警報 | トップページ | 藤沢周平と海坂(うなさか) »

2005年5月31日 (火)

平凡な事を非凡に

TVのスイッチを ON すれば今日も亦、並んで深々と頭を下げている姿が映っている。又かと思う。次から次へ起こる不祥事は、通り一遍のつぎはぎで直るものではない。こんな現象は氷山の一角に過ぎないから。根底から立て直さなければ日本の将来に夢が持てない。

そんな暗いニュースばかりの中で、こんな人も居ると言うことに一縷の希望がある。それは「平凡な事を非凡に」やってきた一人のサラリーウーマンの話である。

この話は今から10年程前の日経新聞の「春秋」と言うコラムに載った話である。旧聞に属するとは言え、このような人は、時代が変わっても必ず存在する事を確信して、以下に其のコラムから一部抜粋してみる。

「先日ある外資系企業に勤めていた女性(55歳)の退職を祝い、励ます会に出て実に心が和んだ。会場には東大学長、環境庁長官、大分県知事、著名デザイナーらが彼女を取り囲むようにして集まり、昔話に花を咲かせた。

と言っても、彼女はいわゆる有名人ではない。企業の社会的貢献を重視するこの会社では、年に何回か識者を集めて国際会議を開いたり異業種の専門家による勉強会を開催している。彼女の仕事はこうした会議がうまく運ぶように、会議へのバスの手配をしたり、宿泊所の部屋の割り振りをしたりする事だった。しかしこの仕事に掛ける情熱は半端なものではなかった。食事時などに初対面同士が気まずい思いをしていると、すっと寄ってきてさりげなく両者を紹介し、楽しい会話に引き込んでいく。会議が終わった後、参加者に感謝の手紙が届いたりする。

『黒子役の一サラリーウーマンが初めて、舞台のスポットライトを浴びさせて頂き光栄です』と、涙ぐむ彼女。そんな彼女に存分に力を発揮させた会社もなかなかのものだが、20数年に渉って地味ながら人脈の布を織り上げた彼女も立派だった。そして彼女を励ます為に寸暇を惜しんで駆けつけた各界名士の心意気もすがすがしい。久しぶりに酒がうまかった」。

平凡な事を非凡に実行することは、言うべくして実行され難い。この例に見る会社のあり方や彼女のような生き方に色々の意見があろうかと思うが、物づくりの現場の修羅場を経験した(と思っている)私にとっては、一服の清涼剤に思える。

|

« トビ空襲警報 | トップページ | 藤沢周平と海坂(うなさか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/4353015

この記事へのトラックバック一覧です: 平凡な事を非凡に:

« トビ空襲警報 | トップページ | 藤沢周平と海坂(うなさか) »