« メキシコ | トップページ | 下栗(しもぐり)の里 »

2005年5月 3日 (火)

ウォーキング

健康管理の一環として、毎日歩くようになってから既に20数年になる。朝の早いのが苦手な私は、現役時代は会社から帰ってから、又一線を退いてからは午後の適当な時間を選んで歩いている。

20数年前はジョッギング全盛時代で、或る年齢の人までジョッギングしていた。しかし私はジョッギングには、ある種の疑念を持っていた。それで自分なりに考え、且つ高年齢まで続ける事を前提に歩く事にした。雨天を除いて今も続けているが流石に当初よりは多少、歩速ペースが落ちて来ているのはやむを得ない。歩くコースは専ら平地。

2004年早々、旧友から佐藤嘉尚著「歩々清風、金子智一伝」(平凡社)なる書を紹介され、世の中にはスケールの並外れて大きい立派な人がいるものと感動した。ウォーキング・クラブやユース・ホステル誕生の生みの親だけでなく、インドネシア独立の実質上の原動力になった金子氏の話である。常に夢・理念を持ち続け、難関を切り開いてゆく、金子氏の並外れた行動力に圧倒され、胸を揺さぶられる感動を覚えた。その金子氏が残した遺産の一つがウォーキングクラブ。此れに力を得て、これからも私はウォーキングを続けてゆこうと思っている。

私がウォーキングを始めた当時は、ウォーキングの為に歩いている人は殆ど居なかったが、最近は老いも若きも盛んに歩いていて、町は遊歩道を整備し直すなどして、更に歩きやすくなった。只、最近は犬連れの中年女性が多くなり、本来ならば人間の為の遊歩道を数人の女性が一列横隊で道一杯に広がり、しかも声高に喋りながら歩いて来るのが目立ち始めた。少し足の悪い、ご老人などは、そんなのに出会うと、横へ避けて、お犬様と女性共を通してから歩くのが目に付く。もう少し謙虚に他人に迷惑をかけない位のマナーは持って貰いたいものと思っている。

|

« メキシコ | トップページ | 下栗(しもぐり)の里 »

コメント

  ウォーキングが健康には一番だそうですが花粉症の私はこの時期は外は歩けません!!(><)杉の次はヒノキです。まだ毎朝くしゃみの連続です。アレルギー体質は親譲りだから仕方ないか?でも家族のなかで私だけ花粉症なんてね~~!それで頭をやられたのかもしれない!!(: ;)

投稿: ルビーの指輪 | 2005年5月 5日 (木) 09時18分

ルビーの指輪さん今日は。
コメント有難う御座いました。花粉症辛いでしょうね。外出時はマスクが必需品でしょうが、今日は立夏、もう少しの辛抱でしょう。

投稿: Alps | 2005年5月 5日 (木) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/3966486

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキング:

« メキシコ | トップページ | 下栗(しもぐり)の里 »