« 十二単(じゅうにひとえ) | トップページ | ウォーキング »

2005年4月30日 (土)

メキシコ

4月28日のNHK「世界遺産」の番組で、メキシコの、太陽のピラミッド、月のピラミッドの紹介があった。私は所用で途中で出かけたので最後までは見ていない。

私がメキシコへ、E製品立ち上げの打ち合わせと、技術指導に出発したのは、昭和47(1972)年4月19日(水)。バンクーバー経由メキシコシティー行きのフライトだった。現地駐在員には酒豪が揃っていたので日本酒を引っさげて行った。

5日間の滞在の内、日曜日を除く4日間は専ら仕事。その間は、業務の合間に又は通勤途上にインスルヘンテス大通りや、パリのシャンゼリゼ通りを模して造られたといわれる、レフォルマ大通り又は1910年に独立100周年を記念して造った独立記念塔などを見学した。

そして日曜日の1日は、テオティワカンの太陽のピラミッド、月のピラミッドを案内して頂いた。太陽のピラミッドへ上ったのが特に記憶に残っている。そのあと皆でバーベキューを楽しんだ。

その途上に散見したのは、現地人の貧富の差。車間を縫って車に物を売る人達。又壁画と近代建築で知られる大学都市。そして大サボテン群。

ピラミッドに纏わる話は色々有るが、要は神々の信仰と深く結びついている。神の依代という考えは日本にも昔からあり、特に山岳信仰は役行者(えんのぎょうじゃ)が説いてからは定着した。只、今は山が心ない輩に荒らされているのが心配だ。

メキシコでの食経験は、水は生水は避けてミネラルウォーターだけ、食べ物ではチレ(或いはチーレ)、アルコールはテキーラ、そしてアラメダ公園での屋外ディナーは流石にメキシコ。マリアッチを聞きながら、4時間はたっぷりかけて楽しんだのが印象的だった。矢張り此処はアスタマニャーナの国と変な所に感心した。

pyramid_named_moon

pyramid_named_sun

上:月のピラミッド

左:太陽のピラミッド

                                    

|

« 十二単(じゅうにひとえ) | トップページ | ウォーキング »

コメント

手元に色あせた絵葉書がある。今から三十数年前の秋にKさんから届いたアカプルコの美しい絵葉書である。
Alpsさんがメキシコを訪問された一年後に半年間ほどE製品の現地組立指導に尽力されたKさんからのメキシコからの手紙である。
Alpsさんの記事をみて当時をなつかしく思い出したしだいです。

投稿: HK | 2005年5月 1日 (日) 10時12分

HKさん、コメント有難う御座いました。
Kさんが現地指導に行かれた事は聞いた事がありますが、記憶は定かではありません。
アカプルコはメキシコ・シティーから直線距離で300Kmくらいはあったと思いますが、Kさんは行って来たのでしょう。
そう言えば私の旧友が2003・6・5頃に世界一周のクルージングで確か立ち寄ったと思います。
リゾート地としても有名な所でKさんからの絵葉書の写真も綺麗でしょうね。

投稿: Alps | 2005年5月 1日 (日) 17時44分

メキシコと言えば35年位前にロスで油を売っていた時の事を思い出します。夜間の市民大学英語教室で、合法・非合法に越境流入した陽気なメキシコ人達の賑やかさに比べて、語学力は数段階上の日本人の若者達の静かさ。メキシコ人街での強烈な料理とテキーラと踊り。山本五十六さえも石油のインチキ話に騙される訳ですね。
太陽のピラミッド、月のピラミッドを訪れた思い出の記事を見て羨ましいなあと思っていた矢先、突如私のたった一日だけのメキシコ立寄りの日付がコメント欄に出て吃驚→リゾート地として賑ったに違いないアカプルコは現在の熱海と同じ姿で、30年前の豪壮なホテルよりも、ずっと昔のサンヂエゴ要塞跡の方が印象的でした。

投稿: K.Y. | 2005年5月 2日 (月) 07時12分

05/5/5の深夜と云うか早朝と云うか正常な人間の起きては居ない時間に、太陽のピラミッド、月のピラミッドの紹介の「世界遺産」の番組の再放送を見ることが出来ました。こういう放送の仕方をするからNHKが嫌いです。
日本の弥生時代にこの様な文明が存在したことを思うと、前に私が紹介した武田泰淳の意見が改めて凄く感じられます。

投稿: 佐久間象川 | 2005年5月 5日 (木) 13時26分

佐久間象川さん、コメント有難う御座いました。
そんな深夜に(普通の人が寝ている時間に)放映されているとは全く知りませんでした。尤もこの所あまりテレビもじっくりと見ていないので、番組もろくろく見ていないのも事実です。
でも佐久間様のご意見は、他のブログのTB等でよく拝見し、大事な参考意見としています。
クラウゼヴィッツは戦争論の中で戦争を一種のゲームと捉えているが、武田泰淳の事を聞くと、何か両者には多少共通する所があるように思う。
メキシコの話と逸れた話になってしまったが。

投稿: Alps | 2005年5月 5日 (木) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/3918564

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ:

« 十二単(じゅうにひとえ) | トップページ | ウォーキング »